テレビもエアコンも鍵も電気も操れる。Google Homeと連携できるスマートホームがめっちゃ便利だった
Photo: 小暮ひさのり

テレビもエアコンも鍵も電気も操れる。Google Homeと連携できるスマートホームがめっちゃ便利だった

  • Sponsored By イッツ・コミュニケーションズ株式会社


自分の理想を現実にできるのです。

最近家電やIoTデバイスをチェックしていると「スマートホーム対応」なんて、言葉を見聞きします。生活に合わせて自動でホニャララとか、外出先からあなたの指示でホニャララとかね。

こういったいわゆるスマートホーム構想って、まだまだ先の「未来のイメージ図」という認識だったんです。5年後10年後にはこうなるといいね!的なね。

でも、すみません。僕の認識は遅れていました

インテリジェントホーム」を体験してその考えを改めざるを得なかったのです。もう未来、来てますわ。


インテリジェントホームって?


171107intekll01_2
Photo: 小暮ひさのり


インテリジェントホーム」はイッツ・コミュニケーションズが提供している、複数のIoTデバイスを組み合わせて、スマートホーム機能を既存の家に「後付け」できるサービスです。例えば、家の鍵やエアコン、テレビ、照明などがスマホやスマートスピーカーでコントロールできるようになるんです。


20171109gizmodo_itscom
Image: インテリジェントホーム


仕組みとしては簡単で、スマホなどとインターネット経由で接続する「ホームゲートウェイ」から、「家電コントローラー」に司令を出し、家電をコントロールする仕組みです。

インテリジェントホームでは、上述した「ホームゲートウェイ」や「家電コントローラー」に加えて、ドアの開閉を検知する「ドア・窓センサー」の3つがセットになったスターターキット「Starter Kit type B」が用意されています。上の3つのセットに「IP カメラ」が加わった「Starter Kit type A」もありますよ。ほかにも、「スマートライト(LED電球)」や「モーションセンサー」などは必要に応じて単品で追加購入することもできます。「スマートロック(電子錠)」は販売準備中とのこと。

今回、実際に我が家にStarter Kit type Bとスマートライトを導入してみました。体験したのはスマートスピーカー連携での家電コントロール、LINEでのドアの開閉通知と家電操作、そしてスマートロックです。

スマートロックは簡単な工事が必要ということで、イッツ・コミュニケーションズさんのモデルルームで体験してきましたよ。


声でお願い。Google Homeでテレビもエアコンも電気も操作できちゃう!


171107intekll03
Photo: 小暮ひさのり


インテリジェントホームの目玉機能のひとつに、Google Homeとの連携があります。

後述しますが「IFTTT(イフト)」サービスを利用することで、Google Homeに「お願い」して、テレビやライトをつけたり、エアコンの温度を変更したりといったことができるんです。

ひとつの「お願い」で複数の家電を操作できるので、たとえばこんなこともできます。


Video: ギズモード・ジャパン


Google Homeに「OK Google, おはよう」といってテレビ、ライトを2つ、エアコンをつけてみました。「未来の家」感がすごくないですか!? こういう環境を施工時に考えておかなくてもいいのが、インテリジェントホームのいいところ。


IFTTT(イフト)と連携で普通に生活するだけで家が最適化されていく


171107intekll04
Photo: 小暮ひさのり


Google Homeによる音声制御を利用するには「IFTTT」サービスでプログラムを組みます。プログラムと言ってもそんな大げさなものではありません。

「◯◯◯」と言ったら「こう」する

と言葉に対してインテリジェントホームが行なう動作を指定するだけ。プログラムというよりも、ピタゴラ装置を組んでいるかのような感覚でしょうか。

子どもの頃、「目覚まし時計のハンマーによって紐が引っ張られてラジカセのスイッチが入り、BGMが流れて、カーテンが開いて、ランドセルに筆記用具が落ちて、パンが焼けてたらいいなぁ〜。」なんてオートメーション生活を空想したものですが、それをリアルに再現できるわけです。

IFTTTの設定は最初はちょっと難しく感じるかもしれませんけど、仕組みはシンプル。構造がわかってくると面白くなっちゃって、色々な言葉を登録しちゃいました。


20171114gizmodo_itscom
Photo: 小暮ひさのり


たとえば、『おやすみ』で「テレビ」「ライト」が消えるとかね。

もう寝落ち寸前でスイッチやリモコンに手を伸ばす気力も無い…。といった時でも「OK Google, おやすみ」と言えばあとはパタっと力尽きられます。怠惰♪怠惰♪

この他にもエアコンやレコーダー、赤外線で操作できる家電であれば一通り操作できちゃいますし、本当に自由度が高いので、アイデア次第でいろんな操作が自動化できちゃいそうです。


LINEを使って家丸ごと管理できちゃう!


171107intekll06
Photo: 小暮ひさのり


インテリジェントホームのシステムはLINEとも連携できるんです。

ドアの開閉を通知するといったシンプルな通知はもちろん、ボタン一つでいつも使っている家電の電源をまとめてオンにしたり、さらにはトーク画面からなんとリモコン機能が利用可能! テレビやエアコンのリモコンだってLINEの画面でできちゃいます

もうスマホがあれば何もいらない、的な状態ですね。スマホから操作するのであれば、LINEとの連携が最もスマートで未来的かもしれません。


スマートロックでどこでも家の施錠ができる


20171109gizmodo_itscom_DSC07638
Photo:ギズモード・ジャパン


ところで皆さん、今日は家の鍵閉めてきました?

ドキっ!とした方はこういったスマートロックが活躍します。スマートロックにすれば基本はオートロックになるので、鍵のかけ忘れはありません。

また、帰宅時に鍵を開けるシーンも、暗証番号で開けたり、カードキーをかざして開けたり、LINEからドアを開錠するなんてこともOK。さらには「LINE」を使って友人と一時的に鍵を共有といった、従来の物理キーでは不可能だった施錠・開錠が利用できるんです。

ホームパーティーなど、友人を自宅に招く際などは事前に鍵を共有しておけばわざわざ迎えに出る必要もありませんし、「買い出し班」に自宅の鍵を渡さなくてもOK。鍵の共有情報は一定期間で削除され、また、オーナーが手動で削除することもできるので、物理的な鍵を貸し出すよりも安心かも?

その便利さにガッツリとヤラれてしまいました。


スマートホーム化してわかったこと


同じ家に長く住んでいると、毎日の行動パターンはある程度決まってきます。そういった行動をIoTを使って自動化したり、効率化しようというのは確かに理にかなった提案です。

そういう未来がいずれ来る。

その事実は感じていたのですけど、「どうせ家を建てる段階で色々と決めておかないとダメなんでしょ? 関係ないよね」と、僕にはあまり関係の無いお話だと思っていたんです。

でも、インテリジェントホームの凄い所は、そういう未来を既存の家に後付けできるんです。また、専用の「ホームゲートウェイ」を経由しているので、直接インターネットに繋がる機器よりも高いセキュリティを実現できているという点にも安心できました。


171107intekll07
Photo: 小暮ひさのり


実際我が家でテストしたのはインテリジェントホームのほんの一部。全てを自動化したわけではありませんが、声で既存の家電をコントロールできるのは確かに便利ですし、帰宅や起床に合わせてリビングでは僕を迎えてくれる準備がすでにできているのも、ちょっぴり得意げな気持ちにさせてくれます。

なにより、そういった家電や行動パターンによる連携を考えている時間が本当に楽しかったのです!

こうしたいな!こうだったら面白いな!という、アイデアを形にできるというのが本当にワクワクしますよ。今回僕が試したキットには含まれていませんが、家の中を見張れるIPカメラや動きを感知するモーションセンサーなども追加できるので、さらに手の込んだ連携や、自分の「やりたいこと」を形にできるのではないでしょうか。


171107intekll082
Photo: 小暮ひさのり


また、近々Google Homeとの連携もさらに強化されて、さらにたくさんのことができるようになるみたいですよ。ほかにもお掃除ロボットやカーテンとの連携も予定しているそう。

インテリジェントホームは、商品代金に加えて、月額料金もしくは年単位のライセンス料にて利用できます。商品は店舗ではビックカメラ(※)、オンラインでは楽天ブックスにて購入可能です。 ビックカメラではStarter Kit(同梱デバイスはtypeAと同じ)本体が4万9800円(税抜)、デバイス代金とは別にライセンス料として月額1,480円(税抜)かかります。現在ビックカメラではライセンス料の無料キャンペーンが行なわれており、12月まで月額0円で使えますよ。 楽天ブックスは、本体代金に2年間のライセンス料込みでの販売となっており、Starter Kit type Aが本体込みで6万6800円(税抜)、Starter Kit type Bが4万7800円(税抜)です。ビックカメラの店舗では実際に体験もできるので、試してみてから導入するのもありですね。

※取り扱い店舗:ビックカメラ有楽町店・新宿西口店・AKIBA・池袋本店・渋谷東口店別館・ラゾーナ川崎店・札幌店・なんば店・名古屋JRゲートタワー店・天神2号館、ビックロ ビックカメラ新宿東口店

インテリジェントホームの利用シーンはこちらをご覧ください。

皆さんの閃きを、形に。…してみませんか?


2017年11月17日 17時08分 追記: 本体代金・月額料金の表記に分かりにくい箇所がありましたので、修正・追記いたしました。



Image: インテリジェントホーム
Photo: 小暮ひさのり, ギズモード・ジャパン
Source: インテリジェントホーム

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by