2018年モデルの新型iPhone、LTE速度向上とDSDS対応? IntelとQualcommの新モデム搭載か
Image: hurricanehank / Shutterstock.com

2018年モデルの新型iPhone、LTE速度向上とDSDS対応? IntelとQualcommの新モデム搭載か

あ、Qualcommも積むんだ…

最近あれこれとの絶えないApple(アップル)とQualcomm(クアルコム)ですが、その関係は来年も維持されるのかもしれません。KGI証券のアナリストことミンチー・クオ氏は、2018年モデルの新型iPhoneIntel(インテル)とQualcommの新型モデムが搭載され、LTEの通信速度が向上しデュアルSIM&デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応するだろうと報告しています。

クオ氏のレポートによると、この新型iPhoneにはインテルの「XMM 7560」とQualcommの「Snapdragon X20」というモデムが搭載されます。これらは「4x4 MIMO」というワイヤレス通信技術に対応。これまで利用されてきた「2x2 MIMO」から、LTEの通信速度がビュッと高速化されそうなんです。また、モデムはIntelが全体の70〜80%を供給するとのこと。

そして気になることに、2018年の新型iPhoneはデュアルSIM&デュアルスタンバイ(DSDS)に対応するそうなんです。このDSDSとは最近のSIMフリースマートフォンでよく採用されている仕様で、通信会社から提供されるSIMを2枚差し込み、切り替え操作をしなくても両方で待受ができる、というもの。プライベートと仕事で電話番号を切り替えたり、通話用と通信用でSIMを使い分ける時に便利なんです。

また詳細は不明ですが、新型iPhoneは両SIMスロットともLTE通信に対応するそうです。ここまでいけば、両SIMの同時利用が可能なデュアルSIM&デュアルアクティブ(DSDA)に対応してくれないかな…なんて、夢が広がってしまいますね!

今年登場した「iPhone X」や「iPhone 8/8 Plus」は、見た目の変化は大きかったものの通信関連の機能向上にはあまり触れられませんでした。一方、2018年モデルの新型iPhoneでは内部性能の向上にスポットが当てられるのかもしれませんね。



Image: hurricanehank / Shutterstock.com
Source: MacRumors

(塚本直樹)