2018年のiPhone、背面にTrueDepthカメラを搭載することはない?
Image: Apple

2018年のiPhone、背面にTrueDepthカメラを搭載することはない?

流石に時期尚早か…。

iPhone Xに搭載された、顔認証機能を実現する「Face ID」とそのためのセンサー「TrueDepthカメラ」。最新情報によればようやく量産ペースの拡大に向けて目処が付いたようですが、一方「2018年モデルのiPhoneでは、背面にTrueDepthカメラは搭載されない」、つまりiPhone Xと同じように前面だけにTrueDepthカメラが搭載されるとのレポートが登場しているんです。

今回のレポートは、実績あるアナリストことKGI証券のミンチー・クオ氏が報告したもの。彼はその理由について、「iPhone Xの3Dセンシング技術(TrueDepthカメラ)はAndroidスマートフォンから1年以上先行しており、2018年モデルのiPhoneでは予定通りのスケジュールでの発売を目指すため」としています。ふーむ、やはりiPhone Xの11月リリースというのはイレギュラーな日程だったのですね。

なお、iPhone Xに搭載されたTrueDepthカメラは顔認証だけでなく、AR機能や「アニ文字」のようなアミューズメント用途までさまざまな応用が可能です。これがiPhoneの背面にも搭載されればかなり面白いことになりそうですが、それによるコストの上昇や生産効率の問題を考えた上で、背面への搭載は時期尚早だとレポートでは述べられています。

またクオ氏は、2018年のiPhoneにはiPhone Xと同スペックのTrueDepthカメラが搭載されると予測しています。2018年には、6.4インチの大画面を搭載した新型iPhoneが登場するという噂もありますね。

iPhone Xでの最大の技術的チャレンジは、TrueDepthカメラの搭載とみて間違いないでしょう。2018年モデルのiPhoneでは、生産的かつ技術的な安定という方向でTrueDepthカメラの改良が行なわれることでしょう。



Image: Apple
Source: MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by