11万オーバーのiPhone X、推定製造コストは約4万円。やはり有機ELディスプレイがお高い模様
Photo: ギズモード・ジャパン

11万オーバーのiPhone X、推定製造コストは約4万円。やはり有機ELディスプレイがお高い模様

高いか安いかは、あなた次第?

つい先日発売された「iPhone X」で話題となったのは、その美しいデザインや顔認証機能だけでなく、価格の高さもありました。日本円にして11万円オーバー、海外(アメリカ)でも64GBモデルが999ドルという高額っぷりです。そして海外では、その推定製造コストが357.5ドル(約4万1000円)になるという試算が伝えられています。

9to5Macが紹介している調査会社のTechInsightsの調査で明かされた今回のデータ。999ドルの販売価格に対する357.5ドルの製造コストのマージン(利益)は64%。これは、iPhone 8のマージンの59%を上回っているようです。Appleとしては、かなり自信を持ってつけた価格だといえそうですね。

なおパーツ単位で見ていくと、際立って高額なのは5.8インチの有機ELディスプレイ。こちらが65.50ドル(約7,500円)と、最も高価なパーツになっています。iPhone 8の4.7インチの液晶ディスプレイは36ドルなので、ほぼ2倍近い価格に…。有機ELディスプレイのサプライヤーとして噂されるSamsung(サムスン)としては、なんともホクホクな案件かもしれませんね。

その他に高価なのは、ステンレス製のフレーム部品でこちらが36ドル。iPhone 6から続いたアルミ部品をステンレスに変えることで、本体コストも上昇してしまっているようです。

なお今回の数字はあくまでも「推定」であり、実際の製造コストとは異なる可能性があります。またスマートフォンは販売や在庫管理だけでなく、その開発にも膨大なコストがかかっているので、「Appleめ、販売価格の64%も儲けやがって!」とはならないことだけはご注意を。



Photo: ギズモード・ジャパン
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by