Apple、iPhoneのデュアルカメラシステムをめぐってイスラエルの企業に訴えられる
Image: Valentin Valkov/Shutterstock

Apple、iPhoneのデュアルカメラシステムをめぐってイスラエルの企業に訴えられる

特許って、難しいですね。

先日はスライドロックの特許でSamsung(サムスン)に勝利したApple(アップル)ですが、今度は訴えられる側となりました。The Vergeによると、イスラエルのCorephotonicsが、Appleをデュアルカメラに関する特許侵害で訴えているのです。

2012年に設立されたCorephotonicsは、訴訟文章によれば以前からAppleとライセンス締結に向けて交渉を行なっていました。しかし最終的にAppleと契約を結ぶまでには至らず、残念ながら訴訟に踏み切ることとなった…というのが、同社の主張です。

今回の訴訟で特許侵害があったとされるのは、2012年から2015年に提出された4つの特許。望遠カメラの組み立てやデュアルレンズのズーム、それにマルチレンズのイメージングシステムなど、デュアルカメラシステムの根幹に関わるもの。iPhone 7 PlusiPhone 8 Plusにも、がっちりその技術が利用されています。

Corephotonicsはデュアルカメラを搭載したiPhoneの販売停止と、弁護士費用の賠償を求めています。もちろん同社は実際にiPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusの販売を止めたいわけではなく、ライセンスの締結や損害賠償の支払いを狙っているのでしょう。

デュアルカメラはiPhoneだけでなく、Samsung(サムスン)やHuaweiなどさまざまなメーカーのスマートフォンにも採用されています。この訴訟が今後スマートフォン業界にどのような影響をあたえるのか、若干心配ではありますね。

Image: Shutterstock
Source: The Verge

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by