iPhone Xを詳細分解。基板もバッテリーもカメラも革新的!

iPhone Xを詳細分解。基板もバッテリーもカメラも革新的!

これが次世代のスマートフォンの姿か…。

でっかいディスプレイに顔認証や無線充電など、完全に刷新されたスタイルと機能が話題のiPhone X。その影には進化を支える内部変化が伴っているはずです。そこで、相変わらず仕事の早いiFixitによる詳細な分解レポートでその違いを見てみましょう。

変化球的に詰め込まれたバッテリー

20171105nifix3
Image: iFixit


まずディスプレイを外して目につくのは、なんといってもこの「L字型」に搭載された2つのバッテリー。少しでも筐体内のバッテリーの積載スペースを大きくして、駆動時間を伸ばしたいというApple(アップル)技術者の意地が垣間見えますね。

バッテリー容量は合計で2716mAh(10.35Wh)。なんとこのサイズに、「iPhone 8 Plus」よりも大容量なバッテリーを搭載しています。

先進的な基板構造


20171105nifix6
Image: iFixit


iPhone Xで特徴的なのはバッテリーだけではありません。なんと2つの基板がはんだ付けされ、1つになることでさらなる面積削減を狙っているんです。

まず小さな基板の方には、「A11 Bionic」プロセッサが搭載。これにはSKハイニックス製の3GBのRAMが組み合わされています。また裏側には東芝製の64GBフラッシュメモリを配置。そして大きな基板にはQualcomm(クアルコム)製のモデムチップが搭載されています。ただし、モデルによってはIntel(インテル)製のモデムチップが搭載されているそうです。


20171105nifix2
Image: iFixit


そしてこちらが、顔認証機能「Face ID」に利用される「TrueDepth」カメラ。ドットプロジェクタや投光イルミネータ、そして赤外線カメラを組み合わせることで顔に3万以上のドットを照射し、深度情報を計測します。こちら、一時は生産の進捗状況が危ぶまれていたものの、最近の報道を聞くにどうやらなんとかなったみたいですね。

iPhone Xの修理容易度は6/10。難しくも易しくもない、まぁまぁといったところでしょうか。最小容量モデルでも11万円以上するiPhone X、落として修理なんて事態にならないように運用したいですね。



Image: iFixit
Source: iFixit

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by