「iPhone X」米TIME誌で2017ベスト発明の一つに選ばれる
Image: Al Medwedsky / Shutterstock.com

「iPhone X」米TIME誌で2017ベスト発明の一つに選ばれる


発明…かな?

iPhone10周年を迎えた今、「iPhone X」が米TIME誌によって「2017年のベスト発明25選」に選ばれたんです!

大きな画面やデュアルカメラ、それに無線充電機能を搭載したiPhone X。しかしその最大の進化は、画面上部にノッチとして埋め込まれた顔認証機能「Face ID」とそれを実現した「TrueDepthカメラ」にあると言っても過言ではないでしょう。赤外線を顔に投射し、その凹凸を読み取る…なんとも未来チックな技術です。

事前の噂によれば、Face IDは2018年モデルの「新型iPhone」にも搭載され、さらには「次期HomePod」に搭載される可能性もあるんだとか。スマートスピーカーとFace IDと聞くとちょっと不思議な組み合わせにも思えますが、それだけ可能性を秘めている技術なんでしょうね。

なお他に選ばれたプロダクトを見ていくと、「ニンテンドースイッチ」「DJI Spark(ドローン)」「Oculus Go(VRヘッドセット)」「Tesla Model 3(電気自動車)」などなど。どれも納得のプロダクトですな。そして、やはり入っていました「ハンドスピナー(フィジェット・スピナー)」。これって今年か!?とツッコミも入りそうですが、まぁいいとしましょう。

毎年進化するスマートフォンですが、10周年という区切りを迎えたiPhoneが偉大な発明品だと評価されたのは感慨深いですね。次の20周年には、どんなiPhoneが誕生するのかな?



Image: Al Medwedsky / Shutterstock.com
Source: Time via MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by