アリババCEOがカンフー映画の主役に

  • author 中川真知子
アリババCEOがカンフー映画の主役に

よし、私も映画の主役になるために大富豪になるか。

中国のオンライン・マーケット「アリババグループ」の会長であり、中国一の大富豪(世界では18番目)ジャック・マー(馬 雲)会長が、短編映画『攻守道』で主役を務めることが明らかになりました。

1103mamovie1
Photo: photo.sina.com

マー会長は、これまで数え切れないほどメディアに登場している超有名人ですが、なんで映画? なんで主役? カメオとかじゃなくて? と思いますよね。

実はこの映画はマー会長が30年以上も学んでいる太極拳に関する話。総監督のジェット・リー(!)によると、「中国武術が文化や誇り、家族を守るために存在し、中国武術と太極拳に対する理解を深める」ことがテーマなのだそうです。

1103mamovie2
Photo: photo.sina.com

総監督を務めるジェット・リーとマー会長以外の顔ぶれも超超超豪華

元祖動けるデブのサモ・ハン・キンポートニー・ジャー(『マッハ!』シリーズ)、ドニー・イェン(『イップ・マン』『ローグ・ワン/アナザーストーリー』)、ユエン・ウーピン(『マトリックス』シリーズ、『キル・ビル』シリーズでの武術指導)、元横綱の朝青龍などなど、カンフー映画好きが泣いて喜ぶ11人が顔をそろえます。

これだけ豪華な顔ぶれで深いテーマなのに、上映時間は20分ほど。どうやって11人もの主役級俳優にスポットを当てるのか、ストーリーをきちんとまとめるのか、気になりますね。これは自分の目で確かめるしかないでしょう! 公開日は11になぞらえて11月11日で、中国版Youtubeと言われるYoukuでリリースだそうです。

ちなみに、11月11日といえば、中国では「独身の日」と呼ばれて中国のオンラインショッピングサイトが毎年大バーゲンする恒例のショッピングデー。オンラインショッピングサイトのアリババが最も力を入れている日でもあります。

そんな11月11日にマー会長主演の映画が公開されるなんて、なんだか裏がありそうですが、ジャック・マー氏所有のサウスチャイナ・モーニング・ポストによると、「映画の公開と独身の日セールに関連性はない」のだとか(マー氏所有のメディアなんだから、どうとでも言えるよね)。

まあ、この映画が作られた理由はなんであれ、カンフーマスターがアベンジャーする(ヒーローが大集合するという意味)のは大歓迎だし楽しみすぎる! 11日はYoukuをチェックですね。


Bryan Menegus - Gizmodo[原文]

中川真知子

あわせて読みたい