近未来シャワーヘッドNebia Shower Systemレビュー:浴室はびちゃびちゃになるけど最高のセレブ気分を味わえる

近未来シャワーヘッドNebia Shower Systemレビュー:浴室はびちゃびちゃになるけど最高のセレブ気分を味わえる

節水シャワーの使用感とは?

ティム・クックをはじめ、テック界の大物たちが夢中だとお伝えした高級節水シャワーヘッド「Nebia(ネビア)」。実際に自宅に取りつけてみた、米GizmodoのHarrison Weber記者によるレビューをお届けします。


普通のシャワーの代わりに、毎朝、雨雲の中に立っていると想像してみてください。風の中でシャワーカーテンが揺れて音を出し、濃い霧のような熱く湿った空気があなたを包み込む。何ひとつスマートな機能を備えずにテック界の大物たちを魅了したシャワーシステムNebiaの使用感は、まさにそんな感じです。センサーもBluetoothもWi-Fiも搭載されてないけど、夢見心地になります。

これは何?:億万長者たちが出資したシャワーシステム

価格:650ドル(約7万3000円)

好きなところ:節水で心地よいミストで囲んでくれる

嫌いなところ:バスルームでの水たまりのためにモップが必要になる

米Gizmodoでは誰も信じてくれませんでしたが、Nebiaのこの一風変わった節水デザインに僕は魅了されました。何千人ものKickstarter支援者だけでなく、ティム・クックやエリック・シュミット、AirbnbやFitbitの設立者など夢中になっている投資家たちのように。これは洒落たシャワーデザインの傑作で、エコフレンドリーなミスト型シャワーのなかでは完ぺきな代物なんです。

はじめ設置が遅れたワケに、少し不安だったことは否定できません。設置方法の動画を見てから、浴室を滅茶苦茶な状態にしてしまうかもと思ったんです。配水管が壊れる、もしくはタイルが砕かれる…というふうに。

Nebiaの取りつけ

Nebiaが入ったかなり大きな箱は、僕が設置する気になるまで何日もアパートの床に放置されていました。箱のなかには、円型の固定シャワーヘッドブラケットがひとつになったパーツとハンドシャワー、マグネット式のマウント、そしてあらゆるシャワータイプに適合させるためのアタッチメントがきちっと梱包されています。

滑らかなアルミニウムと白いプラスチックによるミニマルなデザインは、ジョナサン・アイブ氏が引退して数年後にデザインしそうな雰囲気です。それに価格帯も650ドル(約7万円)と、Apple(アップル)製品さながら。シャワーにそんな金額をつぎ込めるなら、設置してもらう人を雇うこともできますが、その必要はありません。

僕は元々あったシャワーヘッドとアームを道具なしで取り外すことができました…DIYショップへ2往復と『スパナーの使い方』のインストラクション動画を数本見て、さらにNebia共同設立者のPhilip Winter氏に緊急のFaceTimeをかけ、配水管の握り方を加減してひねるように教えてもらった後にね。

そこからはとても簡単でした。壁の中の配水管の距離を測って、慎重にテフロンテープを貼り、アタッチメントをねじ込み、その後はタイルにユニットをつけるだけ。ちょっとした配管工事の経験のある器用な人なら30分ほどで設置できたかもしれません。

強いていうなら、懸念は水圧によって壊れること。それも、設置から4週間が経ちましたが、ありがたいことにシャワーはまだ僕の上に崩れてきません。もしこれの取りつけに不安があるなら、今僕が無事なんできっと大丈夫ですよ。

霧の中はどうなっている?

Nebiaを使うということは、それまで使っていたシャワーみたいな水流が濃い霧の輪に替わるということ。「霧化」した水しぶきが噴出するんです。特に早朝の頭がぼんやりしているときなんか、いうなれば滝の中に立っているように感じられます。少なくとも僕にとってはよいことです。でもNebiaを箱から出して使ってみて、残念な点もいくつかありました。

このシャワーを一言で表すなら「びしょ濡れになる」それか「ものすごくびしょ濡れになる」です。シャワーカーテンを壁にぴったりつけるか、あるいはもっと重いものにしない限り、浴室は通常よりも濡れます。固定シャワーヘッドとハンドシャワーが霧の気流を作り出し、ときにはバスタブの外に水たまりができてしまう。でも浴室は濡れるものですし、大きな問題ではありませんよね。タオルで床を拭けばそれでオッケーです。

171122nebia2
Photo: Gizmodo US

壁や床、天井についた水滴は結構な無駄に思えるかもしれませんが、Nebiaはもっとも効率的な設定であれば、従来型のシャワーの使用水量と比べ、70%も節水できると主張しています。ハンドシャワーと固定シャワーヘッドの両方から強力なミストを噴出させるもっともムダの多い設定(僕のお気に入り)でも、40%水を節約することができますよ。

そんな節水量から、「Nebiaのシャワーの流水量が低いのでは…」と感じるのではないでしょうか? Nebiaいわく、小さなノズルが配水管いっぱいの水を何百万もの小さなしぶきに変えているんだそう。その結果、まるで宙を漂う水に囲まれているように感じますが、石鹸を洗い流すことにおいては普通のシャワーほど効果的ではありません。仕事場でこのことについて話したとき、同僚はしきりに「それはひどいわ」と言っていました。とはいえ、ちょっと時間がかかるだけでNebiaでも十分に洗い流すことはできます。毛量が多い僕のガールフレンドでさえ、大量のシャンプーとリンスでも簡単に落とせると言っていました。

showerhead_jiodgjsdj-1
シャワーの水の出方は一定ですが、僕のハンディカムの手腕は違いました…。
Image: Gizmodo US

でも、彼女とも意見が一致した、引っかかる点がひとつあります。シャワーが温かく感じられないときがあるんです。どんなに熱いお湯でも、浴びると同時に冷たさを感じました。シャワーヘッドの下ではミストが噴出され空気を温めますが、空気が水しぶきを冷ましてしまう。ニューヨークのように冬は極寒になる場所に住んでいるなら、対策する必要がありそうです。入る前にシャワーを数分間流しておいて、戸を閉め、換気扇を切っておくこと。これで問題はある程度解決しますよ。でも、こうすることによって浴室は余計にびしょ濡れに。エコフレンドリーなシャワーという点にも逆らってしまいますね。

でもそれだけの価値はある

すっかりNebiaの虜ですが、7万もする固定シャワーヘッドとハンドシャワーを誰かに手放しで勧めるのはちょっと違うかなと思います。僕はこれまでシャワーをアップグレードしようと思ったことなんてなかったのに、突然、このミストマシーンのせいで高級なバスルーム製品に夢中になってしまいました。これに投資したテック界の大富豪たちのように、僕は引き返せなくなってしまった。今やゾッコンです。

シャワーのちょっとしたアップグレードを求めている、あるいは節水したいなら、もっと低価格で妥当なシャワーヘッドを選ぶのがいいでしょう。求めているのが普通のシャワーなら尚更です。もしそうでないのなら、あなたはNebiaというブランドに惹かれているのでしょう。

この価格に抵抗感がない人たちもいるでしょう。アパートメントや戸建てを所有していれば、投資することで販売しやすくなるかもしれません。水道代を払っているなら、住む場所によっては長い目で見ればNebiaで節約できるようになります。もしくはテック界の億万長者の気分を味わいたい人向けかもしれません。

疑い深い人たちは試してみない限り僕を信じないだろうけど、僕は確信しています。このシャワーは高すぎる夢の産物で、どんなに古い浴室をも生まれ変わらせることができる贅沢な体験なのです。これを買う余裕は自分には本当にない、全然ないけど、でももしお金持ちになったら僕は「買うよ」と言いますね。

まとめ

・最高な気分になれる。

・おそらくこれまでに使ったシャワーとも異なる。

・650ドルはたしかにシャワーヘッドのアップグレードにしては高額。

・エコフレンドリーがいい。水がどこかしこに飛び散るけど、巻き返すだけの価値はある。

Photo: Gizmodo US
Source: Nebia, Kickstarter

Harrison Weber - Gizmodo US[原文

(たもり)

あわせて読みたい

powered by