噂のスマホ「Razer Phone」正式発表! 8GB RAMに120Hz駆動液晶のモンスタースペックマシン
Image: © 2017 Razer Inc. All rights reserved. via Razer

噂のスマホ「Razer Phone」正式発表! 8GB RAMに120Hz駆動液晶のモンスタースペックマシン

それなのに、意外と安いんです。

これまで何度もその登場が予想されてきた、ゲーム周辺機器メーカーのRazerがスマートフォンを投入するという噂。あれ、本当でした。Razerは11月1日に開催されたイベントにて、モンスタースペックの新型スマートフォン「Razer Phone」を発表していますよ!

Video: R Λ Z Ξ R/YouTube

Razer Phoneの特徴は、なんといってもその強烈なスペック。まずディスプレイは5.7インチ/QHD解像度(2560×1440ドット)のIGZO液晶で、なんと画面は120GHz駆動。思わず液晶テレビかよ!と、突っ込みたくなってしまいますね。Razerによれば、複数のゲーム開発メーカーと協力して素晴らしい経験を提供する予定だそうです。高速駆動に対応したゲームアプリがリリースされるのかな?

プロセッサはSnapdragon 835で、RAM容量は怒涛の8GB。うーん、特盛りどころか、超盛りって感じです。バッテリー容量も4,000mAhとかなり大容量で、Qualcomm(クアルコム)の急速充電技術「Quick Charge 4+」が利用できます。OSは出荷時はAndroid 7.1 Nougatですが、2018年第1四半期(1月〜3月)にはAndroid Oreoへのアップデートが配信される予定です。

さらに、フロントにはTHX認定されたスピーカーを搭載し、独立アンプで駆動。これはかなり音質にも期待できそうです。背面は1200万画素/f値1.7のカメラと1300万画素カメラのデュアルレンズ仕様で、2倍の切り替え式光学ズームが可能。フロントカメラは800万画素。本体素材はアルミ製で、電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵されています。

Razerは過去にスマートフォンメーカーのNextbitを買収しており、それも今回のRazer Phoneの開発のためだったのでしょう。最近のスマートフォン業界において忘れられがちだった「遊び心」を、同社には今後もアピールしてほしいものです。なおRazer Phoneの価格は699ドル(約8万円)。今週金曜日から正式予約を受け付け、11月15日から製品の配送が開始されます。国内での販売は未定ですが、日本への配送にも対応しています。



Image: © 2017 Razer Inc. All rights reserved. via Razer
Source: 9to5Google, YouTube, Razer

(塚本直樹)