Samsung、iPhoneを熱くディスるCMを公開
Video: Samsung Mobile USA/YouTube

Samsung、iPhoneを熱くディスるCMを公開

やや、この髪型は…!

「iPhone」と「Galaxy」といえば、スマートフォン業界に並び立つ永遠のライバル。性能競争から機能の差別化、それに訴訟など、いろいろな歴史がありました。そしてSamsung Mobileのアメリカ子会社は、iPhone信者だった男性がGalaxyユーザーへと転向するようすを描いたCMを公開しています。

Video: Samsung Mobile USA/YouTube

動画は2007年…つまり、「初代iPhone」の発売時から始まります。当時若者だった男性は憧れの初代iPhoneをゲットし彼女に「何を買ったと思う?」と自慢。その後も最新のiPhoneを手に入れ続けます。

しかし年を経るごとに、彼女が持っているSamsungのGalaxyシリーズはペン入力ができたり、防水機能がついていたり、無線充電ができたりとさまざまなメリットがあることに気付かされます。端末から何本ものケーブルが伸びている描写は、真っ先にイヤホンジャックを取り除いたiPhoneへの揶揄。

そして2017年、男性は「Galaxy Note8」への乗り換えを決行。彼女に「何を買ったと思う?」と、ペン入力で送信。そしてiPhone Xの行列に並ぶiPhone Xのような髪型の男性を一瞥し、街へと去っていくのでした。

Galaxyシリーズも決して穏やかな道のりではなかった…というか、iPhoneよりも大変な目にあった気がしないでもありませんが、そのへんはイメージCMということでこだわらず、温かい目で見守ってあげたいですね。



Image: YouTube
Source: YouTube

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by