「Xbox One X」レビュー:4K画質で遊びたいPCゲーマーには完璧な一台
Image: Gizmodo US

「Xbox One X」レビュー:4K画質で遊びたいPCゲーマーには完璧な一台

“世界で最もパワフルなゲーム機”の実力は?

11月7日に発売されるMicrosoft(マイクロソフト)の家庭用ゲーム機「Xbox One X」。パワフルなCPUやGPUを搭載していることで、4Kコンテンツにも対応し、現実世界のようなディティールでゲームが楽しめる一台です。

そんな本機を早く手にとって遊んでみたいという方に、米GizmodoのAlex Cranz記者によるレビューをお届けします。




Microsoft Xbox One X

・これは何?:これまでで最もパワフルなXbox One

・価格:500ドル(日本では税抜4万9980円)

・好きなところ:すべてがイイ

・好きじゃないところ:友だちはみんなプレステを持っている

PCで4Kクオリティーの超高画質をプレイしたいと思っているのなら、Xbox One XはPCをアップグレードするよりお手頃でお得です。Xbox OneでもPC(要Windows 10搭載)でもソフトがプレイができるプログラム「Xbox Play Anywhere」のおかげで、『カップヘッド』や『Life Is Strange: Before the Storm』、『PUBG』など多くのゲームで遊ぶことができます。

まわりの友だちはプレステ専用の『ホライゾン ゼロ・ドーン』や『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』などで遊んでいるかもしれませんが、そこに目をつむれば本機はほぼ完璧なコンソールでしょう。

また現段階で最もパワフルなコンソールなだけでなく、「Xbox One S」と「Playstation 4 Pro」より小さいのも良いところです。PCで最高のゲーム体験をするときよりも、手間をかけずに同じ体験ができます(PCゲームではフレームレートにキャップはありませんが、Xbox One Xは60fps以上にはなりません。例えば1フレームの差が勝敗を分けるようなゲームであれば、60fpsのキャップはプレイに影響する可能性があります)。HDR画質で4K、1/60秒フレームで描写されるゲーム映像は、非常に滑らかで現実世界のようなプレイを見せてくれます。

171107_xbox2
Image: Gizmodo US
3機種の中でも最小でパワーも最強

ハイエンドのゲーミングPCと同様の画質であるだけでなく、Playstation 4 Proよりも映りがやや綺麗です。たとえば『アサシン クリード オリジンズ』での、水面の光の反射は本機のほうが自然に見えます。これは両機とも4Kで見るにしてもパワーの問題かもしれません。

ほかにも両機で『Destiny』の画面をよ~く比較してみると、プレステのほうがあまり4Kの恩恵に与かっていないんじゃないかと思うほどで、精細さもややボヤっとしているそうな。画質のシャープさにかけては、「Xbox One X」に軍配が上がります。

しかし400ドル(日本では税抜4万4980円)のPlaystation 4 Proにせよ、500ドル(日本では税抜4万9980円)のXbox One Xにせよ、400ドルのCPUと500ドルのビデオカードを搭載したPCほどうまくコンテンツを再生することはできません。とはいえ、すべての人々が画質だけを求めてコンソールを購入するわけではありません。接続や組み立ての手間などを考えると、Xbox One XはPCよりお手軽で高画質。総合的に考えると、コレ一台でOKというわけなのです。


vqp85oiobnsn0snzwo0o
Image: Gizmodo US
背面:他のXbox One同様、HDMIやケーブルボックスに繋げます

本機はゲームだけに限らず、NetflixやAmazon プライムといったストリーミング配信にも対応しています。4K Ultra HD Blu-rayも見られ、映画『スター・トレック BEYOND』は配信で見たときより遥かに美麗なグラフィックでした。映画のロゴですら感動的な美しさで、WCG高色域には感謝せざるを得ません。

ただ本機は、現行で一番お値段が高いコンソール機でもあります。場合によっては半値で買える「Xbox One S」でもUHD Blu-rayと4Kに対応しているのです。大きな違いは、 Xbox One Xが4Kメディアと今後リリースされる最新ゲームの4K画質に対応していることくらい。ここはちょっと悩ましいかもしれませんね。

171107_xbox5
Image: Gizmodo US

友達の多くがXbox Oneで『Destiny』や『FIFA』といったマルチプレイヤーで遊んでいるのなら、一緒に楽しめて良いでしょう。しかし彼らがプレステ派だと、仲間になれない寂しさがあります(逆もまた然り)。「Xbox One」よりも「PS4」のほうが倍近く売れていることから、ユーザー数も倍違うのは考慮すべき点かと思われます。

PCゲームを4Kで!と考えているなら、どちらでも遊べる「Xbox One X」は小さくて買う価値があるのではないでしょうか? 8代目のXboxは、マイクロソフトのゲーム史に大きな足跡を残すことになるでしょう。

まとめ


・「Xbox One S」と「PS4」より小さいのはとても良い。


・Playstation 4 Proの素晴らしい4K画質より少し綺麗。Xbox OneとXbox One S用の古いゲームもシャープに描画される。


・プレイステーションには倍のユーザーがいることから、残念ながらマルチプレイヤー・ゲームには不向き。


・そしてお値段は500ドル(日本では税抜4万9980円)です。



Image: Gizmodo US
Reference: Microsoft

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
岡本玄介