Windows 10使いこなせてる? ニッチな便利機能10選
Images: Alex Cranz/Gizmodo US

Windows 10使いこなせてる? ニッチな便利機能10選

  • 8,952

そこにあるのに使わないじゃ勿体無い。

Windowsが世に出て32年。アップデートの度に新しい機能が追加され、今となっては数え切れないほどの機能が搭載されています。中には超便利なのにあまり知られていない機能も…… 。

今回はそんな状況を打開すべく、ニッチな機能を10個ご紹介します! 知ってたよという方はドヤ顔に、知らなかったよという方はホクホク顔になれるはず!


1)仮想デスクトップ

いわば仮想マルチスクリーンで、複数のデスクトップが操れるようになります。それぞれのデスクトップに使いたいウィンドウやプログラムを展開し、デスクトップごと切り替えることで作業効率アップ。例えば、一つのデスクトップで画像集めをしながら、次のデスクトップに切り替えて画像編集をする、とかが可能になります。3つ目のデスクトップにゲームが起動してあるのは内緒です。

タスクバーの検索ボックスの隣にあるタスクビューを押すと、開いてあるウィンドウと仮想デスクトップが表示されます。仮想デスクトップを追加するには、下にある新しいデスクトップを押します。既存のデスクトップを消したい場合は、サムネイルのばつ印を押してください。あと、タスクバーは通常表示中のデスクトップに開いてあるウィンドウしか表示しませんが、ピンされたウィンドウはどのデスクトップでも表示されます。


2)動画などのメディアストリーミング

20171218-windows10-tips-02
Image: Gizmodo US


DLNA(Digital Living Network Alliance)に対応している機器(Xbox One Sや Rokuなど)には、Plexのようなサードパーティーアプリなしでも、Windows 10からメディアをストリームできます。

使うには、タスクバーで「メディアストリーミング」と検索し、表示されたオプションから「メディアストリーミングを有効にする」を選択。受信側の機器の準備ができたら、流したいファイルを右クリックして「デバイスキャスト」を選べばストリームが開始します。

3)タスクの自動化

20171218-windows10-tips-03
Image: Gizmodo US

Windows純正のIFTTTといった感じ。中々の古参者で、Windows 95の時代からあらゆるタスクを自動で執行しています。例としては、定刻にシャットダウンさせるとか、御用達のメンテナンスアプリを定期的に走らせるなどです。

セットアップするには、検索ボックスで「タスクスケジューラ」と検索し、同ウィンドウを起動させます。若干厳ついインターフェースですが、少し見て回れば大体の使い方がつかめるはず。あとは「基本タスクの作成」か「タスクの作成」をクリックし、トリガーとなる時間とタスクの内容を設定するだけ。

4)マルウェア除去

MicrosoftはWindowsにセキュリティーソフトを標準搭載したりしなかったりの過去がありますが、Windows 10にはしっかり搭載されています。Windows Defenderといって、サードパーティーのセキュリティーソフトほど包括的ではないにせよ、十分に守ってくれる優れもの。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

実は、もう一つあまり知られていないセキュリティーツールがあります。「悪意のあるソフトウェアの除去ツール」といって、あなたのシステムをバックグラウンドから静かに見守ってくれています。Windows 10のアップデートを自動的に更新する設定にしてあれば、同ツールも常に最新版のはず。

5)容量の回復

20171218-windows10-tips-04
Image: Gizmodo US


Windowsがよく溜め込んでしまう余計なファイルを、総括して削除できる機能です。インターネット一時ファイルや、エラーレポート、各種キャッシュといった、基本的に保持する必要のないファイルが相当します。

使用するには検索ボックスで「ディスク クリーンアップ」と検索して起動、消しても良い項目にチェックを入れて、「システム ファイルのクリーンアップ」で完了です。これを例えばタスクスケジューラで定期的に走らせればいいのかな。

6)遠隔操作

家族や友人に遠隔でパソコンヘルプを求められた時、SkypeやTeamviewerなどに頼る方多いと思います。ただ、インストール時にトラブルがないとは言えませんよね。そこで思い出して欲しいのがWindows標準搭載の遠隔サポート機能、「リモートアシスタンス」です。相手にもそう検索ボックスに入力してもらって、お互いのパソコンでそのウィンドウを開きましょう。

すると、2つのオプション、「信頼するヘルパーを招待します」と「電子メールを使用して招待を送信する」が表示されます。あとは双方がそれぞれのオプションをクリックし、画面に表示された通りに進めれば、あなたのパソコンから相手のパソコンの操作ができるようになってるはず(マウスとキーボード)。

7)LAN上でファイル共有


20171218-windows10-tips-05
Image: Gizmodo US


書類、音楽、映画といった、各種ファイルを共有する方法っていろいろあってどれにするか悩みますよね。メールに添付?クラウドにアップ?などなど。でも、実は共有したい相手がWindows搭載のパソコンを持っていて、それらが同じLAN(例えば同じWi-Fi)に繋がっているなら、悩む必要なんてなかったんです。

まずは「設定」から「ネットワークとインターネット」を開き、「ホームグループ」を選択、そして「ホームグループの作成」をクリックします。あとは指示通りに進めていきます。共有したいファイルの種類やデバイス(プリンターなど)を選び、アクセスするためのパスワードを設定しましょう。もし誰かがすでにホームグループを作成していたら、パスワードを聞いて参加させてもらうのもありです。この場合は「ホームグループの作成」ではなく、その参加したいホームグループをクリックします。

8)ファイルシステムとディスクのチェック

この2つの機能は、一昔前からある強力なテキストコマンドとして実装されています。ということで、まずはGUIが生まれる前の時代を思い出させてくれる、あのウィンドウを開きましょう。検索ボックスに「cmd」 と入力すると、「コマンドプロンプト」と現れるのでそちらを右クリック、「管理者として実行」を選択してください。

そして、ハッカー気分で「sfc /scannnow」をッターンすれば、システムファイルチェッカーが走ります。こちら、ハードディスクを走査して、Windowsに必要なファイルが欠けていないか確認したのち、欠けている部分を置き換えてくれる機能です。次に「chkdsk /f」をッターンすると、ハードディスクにエラーがあるかをチェックしてくれます。さらに、直せる場合はそうしてくれるので、これらを使ってあなたもエラーフリーになりましょう。

9)PDFとして印刷

20171218-windows10-tips-06
Image: Gizmodo US


書類のフォーマットは数々ありますが、PDFフォーマットはその中でも特に重宝されています。どのデバイスでもちゃんと表示されるという大きな利点があるからですね。Windowsなら(Macも)、あらゆる内容を印刷画面からPDFとして保存できます。

使い方は簡単。PDFとして保存したいモノのウィンドウで、印刷ダイアログボックスを開きます。プリンターのリストから「Adobbe PDF」を選択し、「プロパティー」で大きさを決めたら「印刷」をするだけ! サードパーティープログラムを使わずに済むのは超便利。

10)画面を録画

「Game DVR」は本来ゲーム画面を録画してシェアするための機能です。が、特に制限はないので、あらゆるアプリの画面を録画できます。ゲームでなくても、例えばアプリのチュートリアル動画なども撮れるというわけ。

使うにはWin + Gを押してコンソールを開きます。この時、これはゲームですよ、といったような項目にチェックを入れるよう促されると思います(ゲームでなくてもチェックを入れてしまえばこっちのもの)。実際に録画する際は、コンソール下のチェックボックスで録音の有無を決め、赤いボタンを押して開始しましょう。




どうでしょう、これは使ってみよう!っていう機能はありましたか? これらの機能は、他人や会社のパソコンでもWindows搭載でさえあれば、サードパーティーアプリをインストールせずとも使えるので、知っていると場面によってはかなり助かりそうです。私用のPCも効率よく使えると思うので、ぜひ活用してみてください!



Images: Gizmodo US

David Nield - Gizmodo US[原文
(西谷茂リチャード)

こちらもおすすめ