駆動時間向上? 2018年の新型iPhoneではバッテリー容量が増えるかも
Image: iFixit

駆動時間向上? 2018年の新型iPhoneではバッテリー容量が増えるかも

まだ増える余地があるとは…。

今年発売された「iPhone X」では特徴的かつ大容量なバッテリーに驚かされましたが、2018年モデルの新型iPhoneはさらなる進化を予定しているのかもしれません。KGI証券アナリストのミンチー・クオ氏によれば、次のiPhoneはバッテリー容量が増大し駆動時間が延長されるそうなんです。

クオ氏の報告によると、新型iPhoneではさらなる改良によりバッテリーが大型化。これにより、以前から噂されている有機ELディスプレイを搭載した5.8インチモデルでは、2,900〜3,000mAhクラスのバッテリーが搭載されるそうです。現行のiPhone Xのバッテリー容量が2,716mAhですから、10%くらいバッテリー容量が増えることになるのかな?

なお、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイモデルでは、iPhone Xと同じ「L字型バッテリー配置」が採用されるものの、6.1インチの液晶ディスプレイモデルでは長方形のバッテリーが搭載されるとのこと。これには、やはりコストの増大を防ぐ狙いがあるようです。しかし、それでも3機種とも大容量バッテリーが搭載されるようですよ。

2018年には3機種の新型iPhoneが登場すると噂されてきましたが、徐々にその姿が判明してきました。まず6.5インチと5.8インチは「iPhone Xの後継機」や「iPhone X Plus(仮称)」に相当するハイエンドモデルに、そして6.1インチモデルは液晶ディスプレイや金属製ボディを採用した高コスパなモデルになるようです。

さらに、現在はSamsung(サムスン)にくわえてLGや中国BOEによる有機ELディスプレイの供給も噂されています。これらの状況を考えれば、2018年モデルの新型iPhoneはサイズから価格帯まで、さまざまな選択肢が用意されることになりそうです。



Image: MacRumors
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ