Amazon、まさかのYouTube対抗「Amazontube」を検討中か
Image: 9TO5Google

Amazon、まさかのYouTube対抗「Amazontube」を検討中か

どんなコンテンツが見られるのでしょうか?

YouTubeを持つGoogleと通販サイトのAmazon犬猿の仲で、Googleは自社製品のChromecastやGoogle Homeを売ってくれないAmazonにご立腹なのだそうです。そしてAmazonは、Fire TVと画面つきAlexaデバイスEcho ShowにYouTube動画を配信できないよう、Googleの操作があったことにむかっ腹を立てています。

一応Echo ShowでYouTubeが見られるようになったものの、ディフォルトではネットでブラウジングしているのと同じ画面で、Alexaに頼まない限り全画面表示にならないなど、ちょっとした不便が生じているそうです。さらには、正月からいずれのデバイスでもYouTube配信が停止されてしまうことになっています。

……といった渦中で、Amazonが「Amazontube」「Opentube」なる商標を登録したとの情報が判明しました。

まだまだ詳細は不明ですが、説明では“ワイヤレス接続で視聴できるダウンロード不可で録画済みの音と映像”で、さらには“ユーザー間でコンテンツ、写真、動画、テキスト、データ、画像などがシェア可能なもの”と書かれているそうな。

名称に“~Tube”なんてついていたらまたGoogleと揉めそうですが、Amazonは後で好きなように変更することもできます。ついでにDomainNameWireによりますと、Amazonは「AlexaOpenTube.com」「AmazonAlexaTube.com」といったドメインを取得していることを明かしており、いずれかが採用されるのではないかと考えられます。

すでに巨大な動画サイトに成長したYouTube。今さら他社が似たサービスを展開しても事業的に大丈夫なの? という気もします。ですがYouTubeは最近ポリシーを厳しくしたことと、違反ビデオ対策に大幅な人員をさいたこともあり、離れていくユーチューバーが大量に発生しているという側面もあるのです。

これは憶測ですが、もし離れたユーチューバーたちがAmazontubeで動画を配信しだすと、そこで見られる動画はディストピアでファンキーなものばっかりになるかもしれませんね。そこでまたAmazonがポリシーを厳しくすると……? あとは推して知るべしです。



Image: 9TO5Google
Source: 9TO5Google, DomainNameWire
Reference: ZDNet
岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ