本当? 「Appleの音楽ダウンロード販売が2019年までに終わる」との海外報道

  • author 塚本直樹
本当? 「Appleの音楽ダウンロード販売が2019年までに終わる」との海外報道
Image: charnsitr / Shutterstock.com


いきなりってことは、ないと思いますが…

昔はCDにしろダウンロードにしろ「音楽を購入」するのが常識でしたが、今はSpotifyのような音楽配信サービスが全盛。同じ曲が聞けるなら、わざわざ購入するのは面倒くさいですしね。そんな中海外サイトのDigital Music Newsは「Apple(アップル)音楽ダウンロード販売サービスが2019年までに終了する」と衝撃のニュースを伝えています。

Appleの音楽系サービスに関わっている人間や、従業員が情報源だとされている今回の報道。Digital Music Newsは2016年にも「2年以内(2018年まで)に同サービスが終了する」と報じるなど、情報には自信を持っているようです。一方Appleは過去に「そのような予定はない」とDigital Music Newsに直接伝えるなど、報道を強く否定しています。

「じゃあ、購入済みの楽曲はどうなるんだよ!」と気になる皆さんは、ご安心を。Digital Music Newsによれば、AppleはiTunesでダウンロードした楽曲をApple Musicのアカウントに移動させるシステムを用意するそうです。またプレイリストなども転送されるとのこと。そして、ストリーミング配信に登場していない楽曲は今後の配信を待つ形となります。ただし、ダウンロード済みの楽曲はいつでも視聴できるようです。

みなさんも体感していると思いますが、音楽をダウンロード購入する機会は近年減りつつあります。またAppleもそのような背景に対応するため、2015年から音楽配信サービスのApple Musicをスタート。現在はSpotifyやApple Music、Google Play Music、Amazon Musicなど各社が覇権をかけてしのぎを削っています。そんな状況を考えれば、音楽ダウンロード販売が過去のものになる可能性は十分にあります。

はたしてその時期がDigital Music Newsが主張するように2019年までなのか、それともまだまだ先の未来なのか…注意深く見守りたいところです。



Image: charnsitr / Shutterstock.com
Source: Digital Music News

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ