BlackBerry 10はまだ死なず。最低2年はサポートされるも、ストアは2019年末に終了

  • author 塚本直樹
BlackBerry 10はまだ死なず。最低2年はサポートされるも、ストアは2019年末に終了
Image: Mario Tama/Getty Images

今あるデバイス、大事に使いましょ。

最近はAndroidプラットフォームへの移行が明らかなBlackBerryブランドですが、その始祖ともいえる独自モバイルOS「BlackBerry 10」のサポートが後2年は続くことが発表されました。

ただし、これはBlackBerry 10のエコシステムが今後も発展する…という意味ではありません。発表では同時に、アプリストア「BlackBerry World」が2019年12月31日に終了することが明らかになっています。またBlackBerry Travelは2018年2月に、Playbookも2018年3月に終了します。つまり、それまではOSのサポートを続けるよ…ということなんですね。

そして既存の端末ユーザーには、「KeyOne」や「Motion」へのトレードアッププログラムも用意。これらで動作するOSはAndroidではありますが、BlackBerryが提供するセキュアなオンライン機能などのサービスは利用可能です。

BlackBerryがBlackBerry 10搭載端末を最後に発表したのは、2015年の「BlackBerry Leap」でした。しかしやはりユーザー数の少なさはなんともし難く、Android OSとiOSという2大巨頭の間でBlackBerry 10は存在感を失っていったのでした…。

事実上の終了時期が明確になったBlackBerry 10ですが、新たな第3勢力のモバイルOSは今後登場するのかな?



Image: Mario Tama/Getty Images
Source: BlackBerry via The Verge

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by