年末年始にみんなでやりたい、ちょっと変わったボードゲーム3選

  • author 傭兵ペンギン
年末年始にみんなでやりたい、ちょっと変わったボードゲーム3選
Photo: 傭兵ペンギン

何かと家にいることが多い年末年始。

正月は家族や友人と一緒に時間を過ごすと、ウノや人生ゲームみたいなシンプルなボードゲームで遊ぶことも少なくないはず。しかし、「もうちょっとパンチが効いたやつで遊びたいなぁ…」なんて思ってる人もいるんじゃないでしょうか。

そこで今回は、そんじょそこらのカードゲームやボードゲームでは満足できない人にオススメな一風変わったボードゲームを紹介します。

1. 『アドレナリン』

1225boardgame4
Image:ホビージャパン

FPSをボードゲームとして遊ぼうという異色作。それぞれのプレイヤーが自らのキャラクターを操って、マップ上に落ちているリソースを拾いながら武器を買って他プレイヤーを倒しながら、獲得ポイント1位を目指していくゲーム。

1225boardgame5
Image:ホビージャパン

銃は買うだけじゃなくリソースを消費してリロードしなきゃいけなかったり、敵にやられたらリスポーン地点から復活するなど『DOOM』や『Quake』、『Unreal Tournament』のようなちょっと懐かしいスタイルのFPSを彷彿とさせるプレイ感

1225boardgame6
Photo: 傭兵ペンギン

敵を倒すとポイントを獲得しそのゲーム終了時により多くポイントを獲得したプレイヤーが勝利するのですが、FPSでいうところのキルアシストのようなものもあり、トドメを刺さずともポイントが獲得が可能。

というわけで、『アドレナリン』というタイトルではあるものの、ただ闇雲に目の前の敵を倒すのではなく、しっかり頭を使っていくことも必要となります! より多くの敵を倒すために、さまざまな武器を状況によって使い分けながら、うまくリソースを管理していくことが勝利への近道

1225boardgame7
Photo: 傭兵ペンギン

マップの組み合わせを変えたり、勝利条件の違うモードで遊んだりできるのでリプレイ性も高く、イカした設定のついたキャラクターの駒も素敵(製品は未塗装)。テンションを上げながら、みんなでわいわい遊びたい人にとにかくオススメ!

2. 『ウォーハンマー・アンダーワールド:シェイドスパイア』

1225boardgame9
Image: Amazon.co.jp

最近話題になってきたイギリス生まれのミニチュアゲーム『ウォーハンマー:エイジ・オブ・シグマー』の世界を舞台にした新作ボードゲーム。廃墟となった古の都の中で、人類の神「シグマー」によって作られた超人戦士と殺戮の神「コーン」を信奉する狂戦士を操って戦いを繰り広げるという濃厚な設定が熱い(詳しい設定は公式サイトで)。

1225boardgame10
Photo: 傭兵ペンギン

ゲームとしては、マス目のある盤上でチェスのようにシグマーの戦士とコーンの戦士の一団の駒(ミニチュア)を動かして戦いながら、山札(デッキ)から引いたカードに書かれた特定の条件を達成してより多くのポイントを獲得していくというもの。

1225boardgame11
Photo: 傭兵ペンギン

ゲームに登場するカードに書かれた「こやつは勇敢に殺し、勇敢に死んだ」といったパワフルなフレーバーテキストも魅力。

1225boardgame13
Photo: 傭兵ペンギン

やることは基本的に駒を動かし、ダイスを振って戦闘を処理していくというシンプルなものですが、戦闘の結果やデッキから出てくる栄誉点のカードがランダムなので思った通りには事が運ばないのが悩ましく、面白いんです。

1225boardgame12
Photo:傭兵ペンギン

普通のボードゲームとは異なり、駒の簡単な組み立てが必要(接着剤は不要)ですが、超かっこいい駒を使って、小さめのスペース&短い時間で遊べるのも良いところ。

発展版のルールでは自分のデッキの内容をカスタムしたり、拡張版を買うとオークやスケルトンの戦士を使うことも可能になり、遊びの幅がさらに広がります。基本的には2人で遊ぶゲームなので、1対1でじっくり遊びたいという人にオススメです!

3. 『カタン ゲーム・オブ・スローンズ』

1225boardgame14
Image: Amazon.co.jp

名前だけなら聞いたことがあるという人も結構いるはずのボードゲーム『カタン』。ドイツ産ボードゲームのブームを巻き起こしたともされる名作が、ドラマも大人気の『ゲーム・オブ・スローンズ』版となって登場。

1225boardgame1
Image: Amazon.co.jp

本来は開拓地を成長させていくゲームである『カタン』を『ゲーム・オブ・スローンズ』の世界でやるというのがちょっと不思議な取り合わせ。12月頭に発売されたばかりで、実はまだ遊べていないのですが、あまりに魅力的なので紹介してしまいます。

1225boardgame3
Image: Amazon.co.jp

プレイヤーは「冥夜の守人」の一員。資源を使って「城」とその周囲の道や居住地を強化しながら守人を集め、壁を超えて侵入を試みる「野人」たちを追い払い、評価(勝利点)を上げ、「冥夜の守人」の新たなる「総帥」になることを目指していくという、作品の世界観を反映したゲーム。

1225boardgame2
Image: Amazon.co.jp

守人はもちろん、壁や野人の軍勢までも小さな駒で再現されていて雰囲気抜群。細かいことを言うと、ドラマの版権ではなく小説版版権の作品なので、キャラクターはドラマ版と同じではなく、カードの絵柄などもドラマ版そっくりではないのですが、それでも十分楽しいはず。ドラマや小説ファン仲間がいる人にオススメです!


どれもハマる人はハマれるはずの変わっているけど面白いゲーム。気になる作品が合ったらぜひこの休日の間に手に入れて、遊んでみてはいかがでしょうか!

Photo: 傭兵ペンギン
Image: Amazon (1, 2, 3), ホビージャパン
Source: Amazon (1, 2, 3), Games Workshop, ホビージャパン

(傭兵ペンギン

    あわせて読みたい

    powered by