翻訳するのも心がズキズキ。米ギズ編集部が2017年買って後悔したものたち
Images: Nike, Teenage Engineering, Beyerdynamic, Pro-Marine Supplies

翻訳するのも心がズキズキ。米ギズ編集部が2017年買って後悔したものたち

うーん、悲痛すぎるものも混じってますね...

米ギズモードの中の人たちが、2017年にもっとも後悔したお買い物を打ち明けていきます。ちょっと強めの表現も出るので、繊細な方は読むのを控えた方がいいかもしれません。


99.9%、Gizmodoスタッフは読者のみなさんと同じです:どの製品を買うか調査して、購入後どうなるか想定し、お財布と相談した上で、頑張って稼いだお金を支払います。でも、我々も完璧ではないのです、みなさん!

間違えてしまうこともあるし。誤解を招くバカみたいなインスタグラム広告に騙されたりするし。思いもよらぬ酷い仕打ちを受けたりもします。そんなわけで、2017年一番後悔した買い物たちをリストにしてみました。

あなたもこういう経験があったら(あるはず)コメントでシェアしてみて下さい。とほほ...

ドッグフード配送サービス、Chewy.comに申し込んだこと

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-02
Image: Chewy.com

私はとても大きなわんこを飼っていました。その子は非常に高価なドッグフードを必要とする子だったので、Chewy.comがそのフードを近所のペットショップと比べて20ドルも安く取り扱っていると聞いた時は、喜んで申し込みました。ところが、わんこは急死。でもChewyはそれを知らないので、大量のスパムを送ってきます。最近はスパムが届くたびに"In the Arms of an Angel"を鼻から漏らしながら、ワンコをフィーチャーした過去の記事を読み漁る日々。

「冬用のブーツがあるよ、Alex」

「美味しいおやつをどうぞ、Alex」

「うんち処理袋が切れてるでしょう。補給しよう!」

後悔が頂点に達したのは月曜日のこと。クリスマスを祝う手書きでのメモがChewyから届いた時です。命に限りのあるペットという生き物を、永遠にスパムを送ることができるオンライン企業と結びつけたことは、後悔してもし切れません。わんこはもういないのに、スパムは永遠だ- Alex Cranz

Teenage Engineeringのポケットサイズシークエンサー PO-20

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-03
Image: Teenage Engineering

独特な液晶画面を持った昔ながらの電卓にしか見えないそれは、いつの間にか私の職場で最も危険なガジェットとなっていました。今年の初め、ニューヨーク行きの出張のツレとして、時たまイジるだけのつもりでこの小さなシークエンサーを購入しました。作成意欲が疼いた時に、キャッチーな電子チューンを作って落ち着かせるためです。

しかし、この小さな電子楽器はそのサイズの割にとても複雑ですごい能力を持ち合わせていて、単なるドラムビートどころではない作品作りが可能だったのです。操作のニュアンスや可能性の幅を熟知するために、YouTubeでチュートリアルを漁りながらイジり倒しては、自分よりはるかに才能豊かな作品に耳を傾ける、そんなループにいつの間にかハマってしまっていました。

私のデスクは常に様々なガジェットに覆われていて気が散るんですが、私の生産性に対する最大の脅威はこのPO-20です。買ったことを後悔しているかと問われたら、それはNO。ですが、締め切りに追われている時や、ちゃんとした大人のふりをしなきゃいけない時、引き出しの奥深くにしまい込まなければならないただ一つのガジェットとなりました。- Andrew Liszewski

猫草

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-04
Photo: Flickr

経験則として、ニャンコには何も買い与えない方がいい — ニャンコがプチ殺してもいいものでない限り(それにしか喜びを感じないらしいので)。なので、猫草を買ってあげたくなった私の購買意欲は驚くほどにアホらしいと言えるでしょう。

行きつけのスーパーで、バナナの隣に陳列してあった猫草を見た私は、「4匹もニャンコいるし、1匹くらいはかぶりつくかなぁ」と思いました。しかし、いざ買ってみると匂いを嗅ぐことすらしません。これは後から知ったのですが、ニャンコは吐くために猫草を食べるんだそう。私は危うくニャンコのゲロを片付けるために$1.99を払った人になるところでした。まぁ、実際はそんな事情に関係なく、'無料'で吐いているんですが。- Andrew Couts

木製バーテーブル用の透明エポキシ樹脂コーティングキット - 1ガロン(63ドル)

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-05
Image: Pro Marine Supplies

これは調度品になるはずでした。もっといえば、イカしたメディアセンターに。それが、大失敗、より最悪な、面白くもない大失敗に終わりました。何かが燃えたとか、粉々に砕け散ることもなく、エポキシは硬化が遅いので「わぁー、靴が床にくっついちゃったよ」みたいなどんちゃん騒ぎもありません。ただただうまくいきませんでした、構成的にも、美学的にも、そして金銭的にも。なので、罰として「IKEA利用者になる」という刑に自らを処すことに。

関連事なんですが、あなた半ガロンほどのエポキシに興味はおあり? - Bryan Menegus

出前アプリ:Seamless(2,435.60ドル)

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-06
Image: iTunes

2,435.60ドル — これは、2017年1月1日以来、私が出前アプリを使いすぎたおかげでおさらばしてしまったお金の総額です。この額は、外食でいただいたはるかに美味しい食事に払った費用を含みません。私と私の酷い金銭感覚を電車や配車アプリでスーパーに往復させるために使った費用も含みません。けっこう気に入った下着サブスクリプションサービスに落とした出費なんかも含みません。さらに言えば、この額は本当はもっと大きいと思います;Seamlessの決済は、銀行口座に明記されていないことがあるので、意図的に少なく計算されている可能性があるからです。

あと、多分私のガールフレンドの出前アプリ利用高も数千ドル逝ってると思います。

思い返せば、私は貯金のために自炊するべきでした。もしくは、少なくとも電話で注文して自分でピックアップしに行くべきでした。でも、私は深く考えることなくお金をSeamless(GrubHub)に放り投げてしまったのです。それどころか、さらに高くつくSquareのCaviarアプリにも...... コメントで私をあざ笑いたければご自由に。でも自虐は尽くしたのでお手を煩わせないで下さい。- Harrison Weber

Everlaneのパンプス:The Day Heel

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-07
Image: Everlane

今年、私は巧みなInstagram広告キャンペーンの餌食となってしまい、買ったことを後悔している靴が何足かあります。Everlaneをご存じない方もいると思うので;Everlaneはファッション系のスタートアップ会社で、衣類の仕入先と値段から工場の状態までを、可能な限り公開するその透明性を誇りにしています。服のデザインもニュートラルで、そこは素敵だと思うんです。

で、彼らは「The Day Heel」っていう、エレガントだけど派手すぎない、低めのパンプスを売ってるんですね。当時私が見たInstagramの広告には「売り切れて在庫待ち名簿に2万8000名いたけど再入荷したよ!」とあったので、それはもうクリックしました。ゴムっぽいヒールが足裏に食い込んで靴擦れを起こすかな、とも思ったんですが、うん、まぁ、その通りでしたよ、みなさん。でもこの145ドルもする靴ですでにニューヨーク街を通勤してしまっていたので、返品できませんでした。もうほんと後悔してます。 - Kelly Bourdet

Nikeの男性用Air Huareche Utilityプレミアムトレーナーシューズ

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-08
Image: Nike

このクソ靴め。ある夜ベッドでネットサーフィンしてたら見つけたんだが — 色々侵害してる広告ネットワークに見せられたに違いない、なにせ数日前に(普通の)スニーカーを買ってるんだ。「クール!」と呟いた俺は、ガールフレンドに見せたのさ。そしたら彼女呆れた目をして「あぁ、うん、クールなんじゃないMario」って。でも見てよ! めっちゃクールなんだよ! そうだろう? でもクールすぎて履けないんだ。- Mario Aguilar

モキュモキュあざらしのスマホケース ビーチ柄

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-09
Image: Snowing Today

このお買い物は何気ない出会いが発端でした。ある日、Twitterを眺めていたら、このもきゅっとしたスマホケースをフニフニしてる子供のツイートが目に入ったんです。特にあざらしがビーチボールで遊んでいるケースには目を奪われてしまい、すぐに新しいタブを開いて「モキュモキュあざらしのスマホケース ビーチ柄」と検索しました。ツイートを見かけてから5分で、私は胡散臭いスマホケース販売サイトにクレジットカード番号を入力し終わっていましたね。計画性の欠片もないお買い物。あの可愛さに焚き付けられてしまったんだと思います。

そして数週間後、モッキュン(彼をそう名付けました)が郵便受けに届いたので、すぐにスマホに取り付けて職場を練り歩きました。彼は理想のモキュ度で完璧、だったんだけど、お尻のポケットに入らない上に、ホコリがくっついてしまいのでハンドバッグにも放り込めないという問題が発生。それでも、このフニフニ海ボウヤは触っていて心地良かったので(普段スマホケースを使用しない私だけど)使い続けることに。けれど、だんだんとその実用性のなさにゴミの集合体のような嫌気が差してきて、ある夕方、アパート前で落としてしまった時、お別れを告げる時が来たんだと気付きました。落とす前にちゃんとフニフニできて良かったです。ニューヨーク街のゴミをまとったゼラチン質のモッキュンを拾い上げ、「楽しかったよ」と伝えながらゴミ箱にスラムダンクしてしまったので。 - Melanie Ehrenkranz

Uberの利用

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-10
Image: AP

僕はUberの企業文化、ビジネスモデル、労働環境、そしてその存在自体にも疑念を抱いていたにも関わらず、この配車アプリを使い続けてしまいました。だってそこにあったから。別に、抗議のためにUberを捨ててLyftに乗り換えるべきだった、と言いたい訳じゃないんです。僕は、そもそもこういうサービスを使うべきではなかったんじゃないか、と言いたいんです。

ニューヨーク市はすでにタクシーや車両サービスに溢れているし、もともと彼らに大したことを頼んでいるわけでもない。僕が怠け者じゃなかったら9割のことは電車を使えば済んだ話でした。でも使ってしまったから、僕はその分ボンビーで、Uberはまだ生きている。- Rhett Jones

BeyerdynamicのDT 770 PRO 80 Ohmヘッドホン

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-11
Image: Beyerdynamic

初めてBeyerdynamic DT 770を見て思ったのが「うぉ、めっちゃ官能的やん」でした。美しいフォルムと枕みたいなビロード製イヤーカップが相まって、高級感が満載なんですよ。でも、技術面では人生でもっとも落胆させられたテック製品となりました。

iPhoneを音源にしていたのは理想的じゃないのは認めますが、手に負えないほど長いコードはおかしいです。それに、webではポータブルミュージックプレーヤーに適してるモデルって謳っているのに、音が小さいのもよろしくない。仕方なくポータブルヘッドホンアンプを買ってみれば、今度は音がダラダラ。にっちもさっちもいかないので、iPod付属のイヤホン取り出しました(音はこっちのほうが良い)。一週間後、酔って迎えた深夜の勢いでオーディオテクニカのATX-M50xsを注文。それが届いてからというもの、DT 770sはどこに置いたかも忘れてしまいました。- Ryan Mandelbaum

間抜けな加湿器を買った私はもっと間抜け

20171230-gizmodo-us-purchase-regrets-2017-12
Image: Muji

去年の冬は本当に寒くて乾燥していたので、肌のかゆみに悩まされました。保湿クリームを買えば? と思うでしょう。でも知識人である私は一般人との差をつけるべく、この問題を解決できる馬鹿げたガジェットを探すことにしたのです。今年の2月でしたね、120ドルを払ってMuji(無印良品)のちっこい加湿器を手に入れたのは。10ヶ月も前の買い物なのに未だに思い出す黒歴史です。

小さすぎる貯水タンクと、それよりさらに小さいふざけた給水カップ。3時間で勝手に電源が切れる、謎のかまってちゃん仕様。仕上げはプラスチックカバーですべてを覆い隠す、お掃除不可能デザイン。そして言わずもがな、私のアパートは加湿されたのかも分からないくらいクソドライ。

少し調べていれば事前に知れていたことばかりなのが嫌になります。こんなジャンク製品を売ってるMujiも悪いですが、HomePodみたいな加湿器に惹かれた自分のおめでたさが一番罪深い。反省します。- Sam Rutherford

米ギズ編集メモ:これは加湿器じゃないよ、Sam。これはアロマディフューザーだよ。


ご愁傷様。


Gizmodo Staff - Gizmodo US [原文]

(西谷茂リチャード)

    あわせて読みたい

    powered by