加工とは思えない...最新AIがネコを猛獣に変身させる

加工とは思えない...最新AIがネコを猛獣に変身させる

もう何も信じられなくなります。

AIを使って架空のセレブリティーを作り出し様々な顔にモーフィングさせていたNVIDIAですが、今度はリアルな画像変換ができるAIが登場したみたいです。天気や昼夜の操作はもちろん、ネコをライオンに変身させることもできてしまうんですよ!

いくつか生成に失敗して歪んでしまっている画像もありますが、「いやいや別撮りした画像では?」と思ってしまうほどのクオリティーです。本物と偽物の区別のしようがありません。NVIDIAのMing-Yu氏は、これ以外にも目を見張ってしまう変換動画を自身のアカウントにアップしています。

ただ、このAIの凄いところはそこだけじゃないんです。

じつは教師なし学習(機械学習モデルの一種)で、与えられたイメージを変換しているんです。つまり、自ら正解を導びいて映像を作り出しているということになります。GANを使った新しいメソッドにより膨大な正解データを与える必要がありません。さらには、2つのネットワークで構成されているGANは、そのネットワーク間で自律的に繰り返し学習をするようになるため、研究者はAIが成長するまでつきっきりにならなくても済むのだそう。

イメージとしては、プログラマーがミスのないプログラムを作ろうとするのに対し、デバッガーがそのアラを全力で見つけ出そうとするという、お互いに能力を高め合うような感じです。このため、GAN自身で効率的に学習できるようになり、従来のAIのように人間が答え合わせに付き合う必要がなくなるようです。

この独学AIの変換技術によって生成された映像は、まだ晴れた安全な道を走ることしかできない自動運転AIの学習を助けるために活用することをメインに想定しているものの、他の分野でもかなり活躍が期待できそうですね。

とくにAR製品に適応されたら面白そうじゃないですか? クルマのフロントグラスに投影できるようになれば「夜間走行」をなくせたりして。何が本物なのか信じられなくなりそうでちょっと怖いですが...


Image: (13) Unsupervised Cat Species Image Translation - YouTube
Source: The Next Web

(Yuto Tarui)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ