ホンダのキュートなE3ロボたちに「CES 2018」で会えるよ!
Image: Honda/YouTube

ホンダのキュートなE3ロボたちに「CES 2018」で会えるよ!

まだコンセプトですが、実用化をぜひ!

自動車やバイクでお馴染みのホンダが、新たなロボティクスに注力しているようです。それは「考える・つながる・楽しいモビリティのある世界」をテーマにした、3E (Empower, Experience, Empathy)コンセプト・ロボ。

未来的でありながらも、かわいくて親近感が持てそうなデザインですよね。

Video: Honda/YouTube

3Eの3項目を説明すると、「人の可能性を拡大する・人と共に成長する・人と共感する」となるそうです。

向かって左から、「3E-D18」は人と触れ合い、共感するコミュニケーション・ロボット。「3E-B18」は屋内外で使える、動く椅子。「3E-C18」は蓋が持ちあがり、屋台やDJブースなどで使えるロボット台車。「3E-D18」は一番クルマらしいデザインですが、アタッチメントを変えることでさまざまな活用ができるプラットフォーム型のロボティクスデバイスとなっています。

では「3E-B18」と「3E-C18」を映像で見てみましょう。

Video: 本田技研工業株式会社 (Honda)/YouTube
Video: 本田技研工業株式会社 (Honda)/YouTube

ホンダはこれらのロボットで「人の素晴らしさが際立つロボティクス社会」を提案。あくまで人が主体で、ロボたちはお手伝いをしてくれるワケですね。

発表は2018年1月9日から、ラスベガスで開催される家電見本市、CES 2018にて。会場では、EVに使う携帯用交換電池「ホンダ・モバイル・パワーパック」と、その活用方法も発表するそうです。

Image: YouTube
Source: YouTube (1, 2, 3) , CES 2018 via engadget, HONDA, MONOist

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ