ファービーがおどけた顔でマジレス。Alexaと合体するとちょうどこんな感じ。
Image: Gizmodo US

ファービーがおどけた顔でマジレス。Alexaと合体するとちょうどこんな感じ。

ファービーのマジレスが聞ける。

初めてTiger Electronics社から「ファービー」が発売されてからほぼ20年くらいが経とうとしていますが、今でもファービーはまだおもちゃ屋で生き残っているみたいですね。いろいろカスタマイズされたバージョンが売られているみたい。ただ、今回紹介するZach Levineさんのファービーはほかとちょっと違うんです...。だって、改造してファービーの中にAmazon(アマゾン)のAlexaを宿らせてしまったんですから。

ギョロッとして薄気味の悪いあのファービーがさらにスマートになるとどんな感じなのか気になりませんか?その名も「Furlexa(ファレクサ)」です!

見た目はファービーでも中身はAlexaなので、もちろん声色はあの大人の女性。「ガシガシ」というモータ音とともにがギョロ目が「パチクリ」、くちばしが「パタパタ」。ちゃんとスマートライトを操作したり、天気を聞いたりもできますので、本家ファービーよりお利口さんですよ。子どもたちも、きっとこれくらい頭のいいファービーを期待してたんじゃないでしょうか?まぁ、見た目とは裏腹にまったくおどけてはくれないんですがね。語りかけると、冷静にマジレスです。

Video: howchoo/YouTube

もし、あなたもファービーに知能を与えたければ(もしくは無機質なAlexaにおどけた顔を授けたければ)、Levineさんのファービー・ハッキング講座がここで説明されていますので確認してみてはどうでしょう? ただ、少なくとも電子工学の基本的な知識と、Raspberry Pi Zero W、あといくつか部品も必要になってきそうですよ。

Image: Gizmodo US
Source: howchoo, Prosthetic Knowledge, YouTube via Gizmodo US

(Doga)

あわせて読みたい

powered by