次のGoogle Homeはやっぱりタッチスクリーンつき? LinkedInで関連求人が見つかる
Image: GoogleStore

次のGoogle Homeはやっぱりタッチスクリーンつき? LinkedInで関連求人が見つかる

少しずつコンセプトが形に!?

以前、タッチスクリーン付きのGoogle Homeらしき製品情報がGoogleアプリの解析から見つかったという話はありましたが、より現実味のある事実が明らかになったみたいですよ。

VARIETYによると、なんとGoogle(グーグル)がLinkedInにてタッチセンサーハードウェア・エンジニアを募集しているそうなんです。しかも、募集の件名の後にはちゃんと「Google Home」と書かれています!

20171211-Google-Home-Engineer-LinkedIn-1

どれどれ、ちょっと募集ページに書かれている業務の役割の部分を覗いてみましょう...

最善のマルチタッチのユーザー体験を可能にする次世代のGoogleハードウェアに関する業務を担当することとなります。コンセプト段階から大量製造の段階まで、Googleハードウェアのタッチモジュールの開発と統合を率いることとなります。

まぁ実は「スクリーン付きGoogle Home」とは書かれていなんですが、次世代の製品(=現行モデルとは違う)に取りかかっているということと、それがマルチタッチであるということを考えると、これはタッチスクリーン付きGoogle Homeと期待しちゃってもいいんではないでしょうか? 現行モデルのGoogle Homeは、機能上マルチタッチである必要はないですからね。

逆にタッチスクリーン付きでなかったとしたら、それはそれで、どんな製品なのか凄く気になりますが。

ちなみに今確認した段階では、応募者はまだ10名以下とのことです。ハードウェアのタッチセンサー開発技術に自信のある人は、ちょっと覗いてみてはどうでしょう?


Image: GoogleStore, LinkedIn
Source: LinkedIn, VERIETY via androidcentral

(Doga)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ