macOS High Sierraに新しいバグ問題。パッチあてると今度はファイル共有できない(解決策あり)
Image:Apple

macOS High Sierraに新しいバグ問題。パッチあてると今度はファイル共有できない(解決策あり)

ちとバタバタ。

今週macOSでセキュリティ上の超重大なバグが発見され、Appleからも速攻でセキュリティパッチが公開されました。仕事早いなー、と思ったのもつかの間、今度はそのパッチをあてたらファイル共有ができなくなった、という声が各所から上がっています。

たとえばMacRumorsのフォーラムには、こんな苦情があがっていました。(強調は筆者)

パッチをインストールしてすぐ、ファイル共有で認証に失敗するようになった。 複数のMacで確認。(中略)

Finderから、セキュリティアップデートインストール済のMacをファイル共有で開こうとする。自分のユーザー名とパスワードで接続しようとすると、「接続されていません」と表示される。

ただApple Insiderによれば、この問題は大元のバグと違い、一部の人でしか起きていないようです。原因についてApple Insiderでは、システムライブラリのエラーのせいで認証に失敗しているのではないかと言っています。

幸いにも、この問題は新たなアップデートをしなくても解決するようです。Appleのサポートページには、この問題が起きた場合の対応手順がすでに公開されています。その手順はこんな感じです。

1. ターミナルアプリを開きます。これは、アプリケーションフォルダの中のユーティリティフォルダに入っています。

2. 「sudo /usr/libexec/configureLocalKDC」とタイプし、リターンキーを押します。

3. 管理者パスワードを入力してリターンキーを押します。

4. ターミナルアプリを終了します。

ちなみに、macOSのセキュリティアップデートはデフォルトでは自動的にインストールされるので、この騒ぎに気づかないうちに勝手にアップデートされていた人もいると思います。もし急に他の人とファイル共有ができなくなっていたら、このアップデートが原因かもしれません。

アップデートされたかどうかは、「このMacについて」から「ソフトウェア・アップデート…」でApp Storeのアップデート履歴を見ると確認できます。


Source: Apple via MacRumorsApple Insider

(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by