Apple、謎の技術でYouTubeのHomePod動画を書きかえる

Apple、謎の技術でYouTubeのHomePod動画を書きかえる

あれ、こういうことってできましたっけ…?

残念ながら今年11月に発表された、Apple(アップル)のスマートスピーカー・HomePodの発売時期の延期。こちらに関してちょいと気になることに、YouTubeにアップロードされたCM動画でも動画内の発売時期が「Early 2018」に差し替えられていました。

「そりゃ発売が延期されたら動画も差し替えられるだろう」と思った方もいると思いますが、しばしお待ちを。YouTubeでは投稿された動画すべてに個別のURLが設定され、動画の差し替えは基本的にできないんですよね。投稿後にできることといえば、画質やカード、タイトルや説明の変更などなど。うーん、不思議だ…。

ところでスマートスピーカーといえば、Google(グーグル)からはスマートスピーカーの上位モデルGoogle Home Maxのアメリカでの発売が開始されました。こちらはダブルウーファーに機械学習による音量調整機能、そして399ドル(約4万5000円)というハイプライスなど、まさにHomePodのライバルといってもいいモデル。また、Amazon(アマゾン)のスマートスピーカーの上位モデルEcho Plusは日本からも購入が可能です。

正直、投入時期が遅れているHomePodについては若干心配になってしまいます。搭載されているAIアシスタントSiriはAppleユーザー以外にはあまり馴染みがなく、しかも高価な上位モデルのみの1ラインナップ…。個人的にはもちろんHomePodを購入するつもりなのですが、Google HomeやEchoと張り合うだけの製品に育つのか、いろいろ思案してしまいます。

それでも、スマートスピーカーはまだまだ普及が始まったばかりのプロダクトですからね。HomePodもその完成度で他社製品を圧倒できれば、十分に勝算があるのかもしれません。


Image: YouTube
Source: YouTube

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ