反応しなくなったiMac Pro、復帰にはもう一台のMacが必要みたい
Image: Apple

反応しなくなったiMac Pro、復帰にはもう一台のMacが必要みたい

Mac miniでも買っとく?

とうとう販売が開始された、超弩級の一体型PCこと「iMac Pro」。ただ高性能なだけでなく、特殊なセキュリティ機能も搭載されていることが判明していますが、Apple(アップル)公式サポートページによると反応しなくなったiMac Proをレストアするにはもう一台のMacが必要となるみたいなんです。

Apple Configurator 2」のサポートページによると、iMac Proのレストアには「macOS High Sierra」を搭載し、Apple Configurator 2をインストールしてインターネットに接続できるMacが必要だと説明されています。

そして実際のレストアにはUSB-C変換ケーブル、あるいはThunderboltケーブルが必要です。またUSB-C変換ケーブルはデータと電源の転送が可能なものを選択する必要があり、「Thunderbolt 3 (USB-C) to Thunderbolt 2 Adapter」のような変換アダプタも利用できるようですね。

このような手順が必要となった理由として、MacRumorsは独自のセキュリティ機能を実現した「T2」チップが原因だと指摘してます。このチップではこちらの記事のようにiMac Proのセキュリティをさらに向上させることができるのですが、その代償としてまるでiPhoneやiPadのようなレストア作業が必要となったようですね。

なお、このようなレストア作業はたとえばアップデートの最中の電源トラブルなどが原因で発生する可能性があります。アップデートの際はケーブルなどが抜けないように、落ち着いて作業を行いましょう。

Image: Apple
Source: Apple via MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ