「なぜ古いiPhoneのパフォーマンスは遅くなるのか」という疑問に対するひとつの答え
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

「なぜ古いiPhoneのパフォーマンスは遅くなるのか」という疑問に対するひとつの答え

なんとなく、「古いiPhoneの作動が遅い...」と、もう何年も前から思っていた人は多いはず。おそらくこれはAppleのソフトウェア更新が原因だと確信めいていた人もいるのでは?

先日、古いiPhoneのパフォーマンスが遅くなるのは、バッテリーの劣化によるものではないかとRedditで話題になったのを受けて、ベンチマークアプリを展開するGeekbenchのチームが同ソフトウェアを利用する数千のiPhoneから収集したデータを発表しました。

それによると実際、パフォーマンスの低下は、ソフトウェアの更新と古くなったバッテリーに関係がある可能性が明らかになりました。機体が古く、バッテリー容量が低下するにつれて、平均性能を下回るクラスタが示されたのです。

iPhone 6sモデルをさまざまなバージョンのiOSで動かすとき、iOS 10.2の場合はスコアが一貫して高い一方で、iOS 10.2.1や11.2では平均以下のクラスタがあることがわかり、さらにiPhone 7 モデルでiOS 10.2、10.2.1、 iOS 11.1.2、iOS 11.2を動かした場合にも同様の結果が確認されました。

171221Geekbench
iPhone6sモデルを使ったクラスタのベンチマーク結果。iOS 10.2と比べてiOS 10.2.1はAppleのソフトウェア更新によりパフォーマンスの低下を引き起こすことを示唆 Image: Geekbench

Geekbenchは、「iPhoneのバッテリーが低下するにつれてソフトウェアによる微調整は行なわれていて、消費電力を減らしてバッテリーが急速に消耗しないようにAppleはパフォーマンスを抑制している」と結論。

さらに同チームは「単なるバッテリーの状態の作用にしては、10.2.0 と 10.2.1 の違いはあまりにも急激なものだ」とし、Geekbench maker Primate Labs創設者のJohn Poole氏は、「ユーザーへの説明なしにパフォーマンス低下が起きていることは問題だ」と指摘。これについて米GizmodoではAppleに現在コメントを求めています。

ただし、別のところではベンチマークメーカーFuturemarkが、iPhone 5sのGPUパフォーマンスがiOS 9からiOS 11 まで一貫して安定していることを示すなど、今回の調査結果と矛盾する見解が存在することも見逃せないのですが...。

Redditのスレッドを受けて、「Appleが意図的にパフォーマンスを低下させて最新モデルの販促をしているのでは...」という見方や、「Macbookでも同じようなことが起きているような気がする...」といった声もちらほら。「Apple製品は好きなんだけど、こういうところはちょっと直してほしい...」というようなユーザーの切なる想いがネット上で響き渡る、そんな年の瀬を迎えることになったApple。2018年は一体どんな1年になるのでしょうか。

Image: Gizmodo US, Geekbench
Source: Geekbench

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ