Google Home用バッテリーアクセサリーLoftレビュー:Bluetoothスピーカーとしても超便利になる

Google Home用バッテリーアクセサリーLoftレビュー:Bluetoothスピーカーとしても超便利になる

値段も安く、音声アシスタントとしての性能も好評、かつスピーカーとしての性能も悪くない、と人気を伸ばしているGoogle Home。一度使い始めると音声でコントロールができるという便利さがやみつきになるようです。自宅だけじゃなくて、ちょっと裏庭やベランダで作業をしたり読書をする時に音楽を聞きたい、もしくはオフィスにも持って行きたい、そしてレジャー先でも使いたい、とポータブル(スマート)スピーカーとしての使い道を実現してくれるのがNinety7によるGoogle Homeのバッテリーアクセサリー「Loft」(50ドル)です。米GizmodoのAndrew Liszewski記者がレビューをしています。




Google Homeの底のバッテリー部分はひねると簡単に取り外せるデザインになっています。そこを取り外してLoftを取り付けるだけで自分の持っているGoogle Homeがポータブルになるという訳です。

取り付けはとっても簡単。取り付けた後はGoogle Homeが少し高くなって重くなりますが気になる変化ではありません。もちろん見た目も少し変わってしまいますが、「Google Homeのデザインがものすごく気に入っている」という人でない限りは気にならないでしょう。

私が試したLoftは白黒のデザインでしたが、シルバー/ホワイト、そしてコッパー/ホワイトの組み合わせバージョンも販売されています。私自身はスピーカーのデザインを自宅の家具と合わせることはしないのですが、部屋の色のバランスに細心の注意を払っている人にとっては色のオプションがあることは嬉しいのではないでしょうか。

20171212_GHLoft2
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US
通常の電源ケーブルがつながる部分でLoftはつながっている

Loftの裏側についているコンセントの差込口はGoogle Homeと同じ形状なので、電源に差し込んで充電する時もGoogle Homeに付属のケーブルが使えます。もちろん、ポータブル目的ということを考えるとUSB-CやmicroUSBケーブルで充電ができるようになっていればさらに便利だったかもしれません。現状のLoftはそういったポートはついていないので、何日にも渡って持ち運ぶ場合は通常の電源ケーブルを持っておく必要があります。

20171214gizmodo_loft_2
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US
Google Homeの電源ケーブルを使う。でもUSB-CやmicroUSBが使えたらもっと良かった

Ninety7によると、「Loftは8時間のバッテリー寿命を持っている」とのこと。UE BoomのようなBluetoothスピーカーと比べると半分ほどの寿命です。重さやサイズは同じ程度なので、バッテリー寿命が通常のポータブルスピーカーより短くなるのはやはり音声アシスタントとして常に音声を聴いているからでしょう。そのため利用時間だけを比べると専用のBluetoothスピーカーには劣ってしまいます。

20171212_GHLoft4
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US
UE Boomの方が背は高いが、Loftを取り付けたGoogle Homeの方がかなり大きい。

Google Homeがスマートスピーカーとしては優秀であることはすでに色々なところで書かれています。ではBluetoothスピーカーとしてはどうでしょうか。テスト使用を始めて以来、私はそれまで持っていたUE Boomを一切使わなくなってしまいました(比較のための使用はしましたが)。「このままだとUE Boomはお蔵入りかもしれない」、そこまで考えています。音楽鑑賞のクオリティだけに注目するとUE Boomの方がわずかに勝っているように思います。最近のアプリのアップデートでGoogle HomeもベーシックなEQの調整ができるようになりましたが、UE Boomには音質面で劣っているように感じます。それでもGoogle Homeを使い続けてしまうのは、音声コントロールの便利さが圧倒的だからです。

Bluetoothのペアリングも音声で指示ができて、またデバイスのBluetooth設定上でGoogle Homeの名称が何であるかまでちゃんと音声で報告してくれるといった配慮の行き届いた便利さは、かなり有り難いんですよね。

20171214gizmodo_loft_1
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US
取り付けはとても簡単。ソフトウェア上の変更も全く必要無し

ボリュームのコントロールも音声で調整できます。これが個人的にはかなり有り難い。「ヘイ、Google。ボリュームを25%にして」と言うだけで、自分が今している作業を止めることも、視線を動かす必要もありません。次の曲にスキップするといったコントロールも全部音声です。Google Home自体は使い始めて数ヶ月になりますが、Loftを使うまでは天気予報を聞くくらいにしか使っていませんでした。しかし今となっては部屋から部屋に気軽に持ち運べるので、非常に便利なBluetoothスピーカーでもあり、スマートスピーカーでもあるわけです。

もちろん、バッテリー寿命の長いポータブルステレオを求めているのであればUE Boomは素晴らしいオプションです。しかしいくつかの小さなトレードオフが気にならないのであれば、音声でコントロールできないBluetoothに戻るということは私は無さそうです。

20171212_GHLoft6
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US
LEDライトでバッテリー寿命が表示される


< class="" >

まとめ

  • 50ドルで素晴らしいワイヤレススピーカーが手に入ると考えると安い
  • LoftをGoogle Homeに取り付ける作業はこれ以上ないほど簡単
  • バッテリー寿命8時間はちょっと短い
  • 音はちょっとベースに寄り気味。けれどアプリを使えばEQで多少の調節は可能。
  • Google Homeの電源ケーブルをそのまま使う。けれどUSB-Cが使えたらもっと良かった。



Images: Andrew Liszewski/Gizmodo US
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by