重さは高級感。ギフトで迷ったら重いものが吉、研究が裏付け
Image: Zolnierek/Shutterstock

重さは高級感。ギフトで迷ったら重いものが吉、研究が裏付け

箱が重いだけでもOK!

今年もいよいよクリスマスが近づいて、プレゼントの季節がやってきました。なかにはお歳暮とかお年賀の習慣を守っている人もいることでしょう。ギフトを選ぶときって、なるべく(安いって意味じゃなく)コストパフォーマンスを高くしたいことと思いますが、そのためには重さが大事みたいです。New York Timesでオックスフォード大学の経験的心理学教授、Charles Spence(チャールズ・スペンス)氏が語っています。

ラグジュアリー製品を脳がどう受け止めるかを研究しているスペンス氏は最近、チョコレートの品質に対する受け止め方と重さの関係を、実験で明らかにしました。その結果、「チョコレートの箱に30グラムの重しを入れておくと、チョコレートの品質の印象が劇的に向上した」そうです。同じものでも、ちょっとした重量感があるかどうかで美味しさが変わってしまうんですね。

重さで印象がよくなるのはほかにも陶器や食器類、香水、ワインなどがあって、たいていのラグジュアリー製品にはあてはまるそうです。色も大事で、一番高級感があるのは黒。「黒は人間がもっとも重いと感じる色のようです」とスペンス氏は説明します。そういえばファッション通販のNet-a-Porterで買い物すると、ギフトじゃなくても妙に重い黒い箱にラッピングされて配送されてくるなと思ってたんですが、これももしかしたら商品を良さげに見せるための工夫なのかもしれません。

小洒落た洋服屋さんで買い物すると、買ったものを薄紙で包んでくれますが、スペンス氏によればそういう薄紙のカサカサ音もギフトには大事だそうです。あとはプレゼントする場面ではクラシック音楽が流れてるとプレゼントしたものが高級に見えるとか、ちょっとベタにも思えますがとにかくいろんな角度から五感に訴えるのが有効みたいです。

ただガジェット、特にモバイルデバイスに関しては、軽いほうがベターってことになりがちです。実用的にはそうだとしても、パッと見の印象は重みがあるほうがしっかり見える、ってのもわかる気がします。なのでプレゼントする場合は、中身が軽いものだったら箱だけでも重いものにしておくと印象がよくなるのかもしれませんね。

Image: Shutterstock
Source: New York Times, University of Oxford, Net-a-Porter

(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by