Apple新本社もいいけど、Microsoft新本社もね。スポーツ施設が並ぶ建設計画が公開

Apple新本社もいいけど、Microsoft新本社もね。スポーツ施設が並ぶ建設計画が公開

こっちはよりアクティブ?

新型iPhoneの発表会に利用されるなど、本格的に運用が開始されたApple(アップル)の新本社。一方、その永遠のライバルともいえるMicrosoft(マイクロソフト)は、ワシントン州レッドモンドに建設予定の新本社のイメージを公開していますよ。

Microsoft新本社の建設プロジェクトは2018年秋からスタート予定。なんでも、500エーカー(203万平方キロメートル)の敷地内に18の建物が建築され、交通機関やパブリックスペース、スポーツ施設も複数設けられるのだとか。上の動画でも、サッカーグラウンドに野球グラウンド、それに公園のような場所が確認できます。

この新本社では、現在レッドモンドで働いている本社社員4万7000人と追加の8,000人が働く予定です。Microsoftは現在125の建物を所有していますが、この新本社の計画で12の建物が取り壊され、新本社の18の建物がくわわることで、最終的に131の建物を所有することになります。

なお、新本社の建設期間は5年〜7年を予定。今からはまだまだ時間がかかりそうですが、いつの日かAppleの新本社とセットで訪れてみたいものです。


Image: Microsoft(YouTube)
Source: Microsoft(YouTube)

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by