最強こたつお絵描き候補。サンキュッパの13.3インチ液晶タブレットが登場

  • author ヤマダユウス型
最強こたつお絵描き候補。サンキュッパの13.3インチ液晶タブレットが登場

ここにもポータブル化の波が。

絵描きの憧れ、あるいはブロードソード的定番装備、液晶タブレット。最近はタブレット端末で代用してみようという向きもあったりして、iPadで漫画の入稿データまで作れるようになりました。どえらい時代になったもんです。

しかし、3万円台で、ポータブルでそこそこの画面サイズをもった液タブなんてのがあったとしたら、心揺らぎませんか? 13.3インチの液タブ「ミンタブ モバイル」はまさにソコを突いてきたハイコスパ液タブなんです。

Image: THANKO サンコー/YouTube

解像度は1,920×1,080の5,080LPI、筆圧レベルは2,048。バスパワー駆動なのが特徴で、ラップトップと一緒に持ち出せば、電源がなくてもリビングや屋外でも使えちゃいます。気合い次第ではイベント会場で液タブお絵描きなんていう猛者プレイも可能。隣サークルと差をつけろ!

171215_min_tab_thanko_1

販売ページにも太字で書かれていますが、傾き検知はありません。そこまで求めるならワコムやApple Pencilクラスになってきますしね。ちなみにワコムの13.3インチなら安いもので約9万円。iPad Pro+Apple Pencilのセットでも約9万円から、といったところです。

液タブはデスクトップに向かって描くもの。そう思っていた時期が僕にもありましたが、ラップトップ+液タブのポータブルお絵描きスタイル、現代的でアツい気がしますよ。13.3インチは3万9800円、21.5インチの「ミンタブ」は4万9800円(いずれも税込)にて。



Image: サンコーレアモノショップ
Source: サンコーレアモノショップ, YouTube

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by