野鳥のバード・ストライクや農業被害を防ぐロボット・ハヤブサ「Robird」
Image: EU-Startups

野鳥のバード・ストライクや農業被害を防ぐロボット・ハヤブサ「Robird」

鷹匠もいずれはロボットに取って代わられるかも?

オランダで作られた、ハヤブサ型の空飛ぶロボット「Robird」。これはプロペラで飛ぶいつものドローンとは違い、2枚の翼でパタパタ羽ばたく本格志向の鳥型ドローンなのです。

その目的は、畑の作物を荒らす鳥や、飛行機のエンジンに突っ込むバード・ストライクを阻止するためのもの。

このロボットを大空へ放てば、本能に従い野鳥たちは一目散に逃げるのです。

Video: Verhalen van Enschede/YouTube

鳥害を防ぐには彼らの天敵で迎え撃つ必要がありますが、それを最新テクノロジーで賄うのがイマドキって感じですね。

EU-Startups によると、この発明はAERIUM Analytics社と Cottonwood Euro Technology社が合同で開発したのですが、なんと260万ユーロ(約3億4744万円)の出資金を集めたと言います。

「Robird」の運営は、2012年よりClear Flight Solutions社が行っており、活躍の場は主にアメリカとカナダだそうです。

Video: CNNMoney/YouTube

通常、バード・ストライクによるエンジン被害額は20万ドル(約2300万円)になるとのことですが、利用している3つの空港では目に見える成果があるそうな。そして、とあるブルーベリー農家は野鳥の被害が減ったお陰で作物が15%増え、収入も5万ドル(約570万円)ほど増加したんですって。

出動の頻度は3カ月で500回のペース。追い払った野鳥は1万5000羽に上るそうです。野鳥は群れをなしているとはいえ、トンでもない数です。

ラジコン操者と「Robird」は1日雇うと1700ドル(約19万円)ほどかかりますが、Clear Flight Solutions社はこの事業で急成長し、2017年で100万ユーロ(約1億3300円)の売り上げを記録。

この調子だと、本物の鷹やハヤブサに代わって、ロボットが世界の畑と空港を守るようになる日もスグそこでしょうねぇ。



Image: EU-Startups
Source: YouTube (1, 2) via EU-Startups
岡本玄介

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ