サンフランシスコにホームレスを追い払うロボットが登場。しかし、クレームにより活動が制限されることに…

  • author 岡本玄介
サンフランシスコにホームレスを追い払うロボットが登場。しかし、クレームにより活動が制限されることに…
Image: © 2017 Knightscope, Inc. All Rights Reserved. via Knightscope

2029年にはスカイネットと繋がり人類を滅ぼすようになります(多分)。

シリコンバレーのスタートアップ企業knightscope社が、ホームレスを追っ払うロボットを開発。そしてこれらが、サンフランシスコで働きだしました。

これを運用するのは、動物虐待防止協会SPCA。サンフランシスコ地域でホームレスの数を増やさないことを目的に、「K9」と呼ばれるロボットが導入されました。(ちなみにK9は警察犬の呼称でもあります)。

K9に搭載されている機能は、レーザー、カメラ、温度センサー、GPS。それに犯罪に繋がりそうな場合にはセキュリティー・サービスに知らせることもできます。高さは約152cmで重さは約181kg。それに時速約4.8kmで走行することが可能です。

K9はすでにUberやマイクロソフトが駐車場の見回りなどに使用しており、そういった面で信用があります。

また意外や意外? 実はこれらのロボットは1日たったの7ドル(約800円)でレンタルができるのです。これであれば人間の警備員を雇うより安いのですが……破壊されたり海に落とされたりしないのかやや心配でもあります。

そんなK9ですが、実はサンフランシスコ市から路上での運用に待ったがかけられているというのです。

SAN FRANCISCO BUSINESS TIMES いわく、K9は限定されたエリアで1カ月ほど見回りをしていたものの、市からはもし公の場で無許可にK9を走らせると1日につき1000ドル(約11万円)の罰金を課せられるとのお達しが出されてしまいました。

K9は、路上で布を被されたり蹴り倒されたり、BBQソースをぶっかけられたりと、街中ではひどい扱いを受けたこともあります。そんなある日、散歩中の犬に近付いたことで、犬が興奮して吠え、飼い主のテイラーさんがK9に止まれと叫ぶまで動きを止めなかったことから、テイラーさんはSPCAと市の各方面にクレームを送り、結果「無断で走らせるな」となってしまったのです。

現状ではK9を導入してから、路上にいるホームレスの数は減り、車上荒らしも減っている……というサンフランシスコ市。なのに重要視されるのは“愛犬が怖がった"というだけの人間の生の声なんですね。

見回りロボットの活躍は、まだまだ先の話になりそうです。トホホ……。



Image: © 2017 Knightscope, Inc. All Rights Reserved. via Knightscope
Source: designboom via SAN FRANCISCO BUSINESS TIMES

岡本玄介