アメリカの航空会社、スマートスーツケースの持ち込み禁止へ
Image: Scharfsinn/Shutterstock

アメリカの航空会社、スマートスーツケースの持ち込み禁止へ

電池がダメなんです。

アメリカの航空会社3社が、スマートスーツケースの持ち込みを禁止するポリシーを発表しました。施行は来年1月15日予定で、禁止を発表したのは、アメリカン航空デルタ航空アラスカ航空。理由は、カーゴ内でのバッテリー発火のリスクをなくすためだそう。

スマートスーツケースとは、スマートフォンやラップトップを充電できるようバッテリーが内臓されたスーツケースのこと。USBポートや電子ロック、アラーム、GPS機能、なかには小型スクーターのように動く(乗れる)タイプのものもあります。近年人気が出てきており、年末年始の旅行用に購入した/しようかなという人も少なくなかったはず。

スマートスーツケースそのものがダメというよりは、内臓されたリチウム電池がダメ。なのでバッテリーを外せばOKだとしていますが、残念なことにスマートスーツケースでバッテリーが取り外しできるというタイプはほぼなく、結局はスーツケースそのものが使えないということになります。また、デルタ航空とアラスカ航空は、機内持ち込み用のバッグにも同規定を当てるということなので、小さなサイズでもダメ。なんとかバッテリーを外したとして、それはスマートでもなんでもないただのスーツケースなので、高かったぶん損なだけ。

スマートラゲージ大手のBluesmartは今回の米航空会社の動きに対し、ネタ元のCNNにコメントを発表しました。いわく「旅行テクノロジーだけでなく、旅行のあり方や合理性を妨げ、後退させる規定を非常に残念に思っている」とのこと。

3社に続き、ユナイテッド航空とサウスウエスト航空も近々持ち込み禁止を発表する方向。あわせて5社で禁止となれば、米国航空会社の80%がスマートスーツケースNGということになります。

Image: Shutterstock
Source: CNN Money, Bluesmart

Tom McKay - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ