エドワード・スノーデン監修、Androidスマホをセキュリティシステムにするアプリ「Haven」

  • author scheme_a
エドワード・スノーデン監修、Androidスマホをセキュリティシステムにするアプリ「Haven」
Image: Handout / Getty Images News

余っているAndroid携帯があったら試してみてもいいかも。

NSAを告発したエドワード・スノーデンが、報道の自由財団と共同で、泥棒やスパイから身を守るオープンソースのAndroidアプリ「Haven」を開発しました。

これは、スマートフォンをポケットサイズのセキュリティシステムにするアプリです。必要なのはスマホのみです。

このアプリを使うには、Havenをインストールしたスマホを、監視したい部屋…寝室、オフィス、政府の機密書類が山ほど入ったラップトップの隣など、どこでも良いので設置します。Havenは携帯のマイクを使って侵入者に聞き耳を立て、忍び込んだ人間をカメラでキャッチし、加速度計を使って携帯自身の動きも検知します。また、 環境光センサーを使うことで部屋の光の変化を捉え、電力モニターでパワーケーブルの抜き差しも確認します。そしてアプリは、何かを検知する度に手持ちの携帯に音と映像を送信します。

さらなるセキュリティのため、スノーデンのお墨付きで人気の暗号化メッセンジャーアプリ、Signalを通じて通知は送信されます。リアルタイムのアップデートが必要ないなら、Havenの入った携帯のログを直接見るか、Torを通して遠隔で確認することもできます。Havenのパブリックベータは現在Play StoreF-Droidで無料ダウンロードできます。

「どんなホテルにでも持ち歩ける番犬を、自分がいない間部屋に置いておけると考えてみてください」「本当の狙いは、自分の周囲の物理的環境を信頼できるようにすることです」とスノーデン氏はWiredに語ります。

Havenが解決したい問題は、ホテルなどで自分がいない間にコンピュータにアクセスされる「メイド攻撃」です。ネットを介したサイバーセキュリティをどれだけ強固にしても、デバイスに物理的に近づかれては元も子もありません。知らぬ間にそうなっては、プライベートな情報を逐一監視されても気づかないかもしれません。

つまりHavenの主な目的は、あなたのラップトップやその他のデバイスに細工されるのを防ぐことにあると言えます。しかも、セキュリティカメラよりも(スペアの携帯があるなら)圧倒的に安あがりです。電子フロンティア財団(EFF)のサイバーセキュリティ部門を取り仕切るEva Galperin氏は、「Havenが親に対して用心深いティーンエージャーや、家庭内暴力を行なうパートナーに苦しむ人を助けられるかもしれない」とThe Interceptに語っています。

とはいえ、欠点がないわけではありません。知恵のあるアタッカーなら、Wi-Fi、SMS、モバイルデータなどの信号を妨害することもできるでしょう。あるいはパスワードが知られているなら、自分でHavenの入った携帯を開けてログを消去することも考えられます。それでも、無料で比較的簡単なセキュリティシステムとして様々な用途に便利になるかもしれません。国際的スパイから機密情報を守ったり、私たち一般市民としては、煩わしい両親とかルームメイトを監視するため、ですかね。



Image: Handout / Getty Images News
Source: WiredThe Intercept
Sidney Fussell - Gizmodo US[原文

(scheme_a)

あわせて読みたい

powered by