【ネタバレあり】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レイの秘密は本当だったのか?
Image: catwalker / Shutterstock.com

【ネタバレあり】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レイの秘密は本当だったのか?

次回作でちゃぶ台返しがなければ、この件は今作で決着です。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から何となく匂わせてきた、レイの両親が誰なのか?という疑問に、最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で一応の答えが出ました。

ですがどうにも腑に落ちず、胸のつかえが取れないままモヤモヤしている人たちは多いのではないでしょうか?

今回はライアン・ジョンソン監督のコメントも合わせて、io9がレイ出生の秘密を考えています。まだ観ていない方々は、ネタバレ注意でどうぞ。


これまで巷では、訓練なしにあれだけ強大なフォースを使えるレイは、もしかしたらオビ=ワンの子かもしれないし、ルークのものらしきヘルメットを持っていたことからルークの娘かもしれない、はたまたベン(カイロ・レン)の双子か妹かもしれない……と、実は正当なジェダイの末裔なのではと思われてきました。そして仮に彼女がジャクーに捨てられたのだとしても、それは「身の危険から遠ざけるための処置だった」といわれれば合点がいくものでした。なのでハン・ソロとレイアが「知らないふりをして顔を合わせていた」といわれても納得できたのです。

しかしカイロ・レンは、彼女に以下のように話したシーンがありました。

彼ら(レイの両親)は汚らしいゴミ漁りだった。酒のためにお前を売り飛ばしたんだ。彼らはジャクーの砂漠にある、貧乏人の墓場に埋められている。お前はどこか(特別な場所)から来たのではない。お前は何者でもない。だが俺にとってお前はそうではないのだ。

もしこれが事実であれば、生涯ずっと両親を探し求めていたレイにとって、希望をズタズタに引き裂く衝撃の告白です。

ですがコレ、本当なんでしょうか? 仮にもカイロ・レンはスノークを抹殺し、ファースト・オーダーよりも「新たな秩序」を作り銀河を支配しよう、そしてその相棒としてレイを引き込もうとしたのです。これがレイを暗黒面に陥れるための誘い文句だと思わない人はいないでしょう。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では、レイが両親を乗せた宇宙船が飛ぶのを見たシーンだってあるのです。

とはいえ帝国軍の情報網なのか、それともフォースからなのか、カイロ・レンがなにかを知っていることは間違いなさそうな気もします。

ではここで、ライアン・ジョンソン監督がEntertainment Weeklyに語ったコメントをみてみましょう。

私には、あの瞬間、カイロはあれが真実だと信じていると思っています。カイロはあそこで駆け引きをしていたとは思えず、ふたりの指が触れた時に見たことで、それを信じているんです。それにカイロがレイにそれを話した時、レイはそれを信じたのです。

とはいえレイですら知らないことを、指から伝わったビジョンだけでなぜカイロはそこまで知りえたのか? またまた新たな疑問が生まれてしまいました。

仮に今回のことが真実だとすると、可能性として裏には制作サイドの思惑があるでしょう。それはまずエピソード3『スター・ウォーズ/シスの復讐』からエピソード6『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』がルークの物語で、エピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と今回のエピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でもまだルークの遺産を受け継いでいるサーガをここで終わらせ、ディズニーが新たな物語の金脈を生みだしたいと考えている空気が漂っていること。

くわえて、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で登場するカジノの惑星、カント・バイトの少年がちょこっとだけフォースを使えたことも踏まえ、ジェダイの子孫でなくともフォース使いになれることを示せば新たな物語が作られるという雰囲気も感じます。実際、アナキンだって元来ジェダイと無関係で、ミディ=クロリアン値がズバ抜けて高い子どもでしたもんね。なので見せ方次第では、設定としてアリでしょう。

さらに監督はこうも語っています。

レイと観客にとって一番簡単なのは、「そうそう、キミは誰と誰の間に生まれた娘なんだよ」って伝えること。それはファンの願いを叶えることにもなりますし、レイがいきなり苦もなくお膳立てされた地位を得ることにもなります。レイにとって最も大変なことは、簡単に答えが得られないことなんです。

たしかに今回のシリーズはレイの成長物語でもあるわけで、次回作に新事実が明かされる可能性だって大いにありますよね。さらに本件はディズニーからの指示もなく、J.J.エイブラムス監督もライアン・ジョンソン監督も、この問題をわざと曖昧にしてきたフシがあります。

次回作はJ.J.エイブラムス監督が復帰するので、早々に決着をつける必要もないのです。もし彼が新事実を描きたいなら明かされるでしょうし、カイロ・レンのセリフで納得したらこれで本件はおしまいとなります。

ということでレイの両親問題は、いったん2019年公開予定のエピソード9までしばらくおあずけです。そのほうが「楽しみが増える」と思っておくのがよさそうですね。

Image: catwalker / Shutterstock.com
Source: Entertainment Weekly

Beth Elderkin - Gizmodo io9[原文
岡本玄介

あわせて読みたい

powered by