JJエイブラムスが『スター・ウォーズ/エピソード9』に復帰する理由を説明

  • author 岩田リョウコ
JJエイブラムスが『スター・ウォーズ/エピソード9』に復帰する理由を説明
Image: Kathy Hutchins/Shutterstock

J.J.エイブラムス、再び。

スター・ウォーズ/エピソード9』の監督・脚本にコリン・トレボロウ監督の降板を受けて、J.J.エイブラムス監督が返り咲くというニュースが発表されました。でも、なぜ戻ることに決めたんでしょうか?

Rolling Stoneでエイブラムス監督は、なぜエピソード9の監督を引き受けることにしたかを語っています。この決定で主人公レイを演じるデイジー・リドリーは嬉し泣きしてしまったとか。彼女は「次のエピソードもライアン・ジョンソン監督だと思っていたから、とにかくびっくりしたわ。事務所に一緒にいた3人と『オーマイガー!』って嬉し泣きちゃったの。」と話しています。

エイブラムス監督はかつて『スター・ウォーズ』シリーズに戻る気はないと話していたのですが、自分が始めた三部作を自分で締めるという提案にはやっぱり揺らいでしまったようなんです。

自分たちで作りあげた新しいキャラクターと三部作を自分で終焉させるっていうのは、前作よりもっといいものが作れる可能性を与えられたように感じたね。この映画からはたくさんのことを学んだし、やりきれなかったことをやるいいチャンスだと思った。これまでに学んだことを活かしつつ、自分たちの始めた新しいキャラクターとストーリーを最後のエピソードでどうやって色づけるか考えだすと、拒否できない素晴らしすぎる機会だと思ったんだ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でエイブラムス監督が作りあげたキャラクターに対して、「まだまだやれることがある」という彼の言葉はすごくいいですね。新しいキャラクターっていうのは、親近感が湧くまでに少し時間がかかるものです。エピソード9は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のキャラクターたちを踏まえて作ることになるんですが、どんな最終話になるんでしょうか。新作が公開されたばかりですが、もうすでに次のエピソードが楽しみですね。

Image: Shutterstock
Source: Wikipedia, Rolling Stone

Beth Elderkin - Gizmodo io9[原文

(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ