ディスプレイ下に指紋認証センサーを搭載するSynapticsの技術「Clear ID FS9500」。既にスマホメーカーのトップ5社が採用の流れ?

  • author Doga
ディスプレイ下に指紋認証センサーを搭載するSynapticsの技術「Clear ID FS9500」。既にスマホメーカーのトップ5社が採用の流れ?
Image: JMiks / Shutterstock.com

ベゼルレスディスプレイとタッグを組むかも?

ちょうど、昨年の今頃に紹介したSynapticsという会社が開発したディスプレイ下に指紋認証センサーを搭載する技術「FS9100」。あれから1年...。Synapticsのさらなる開発は着々と進んでいたようです。androidcenralによると、Synapticsはこの技術に関してスマホメーカーのトップ5社と契約を結んでおり、すでに大量生産のフェーズに入っているそうなんです。その技術の名が「Clear ID FS9500」。

この指紋認証センサー技術のメリットは、指が濡れていたり、乾いていたり、冷たくなっていたりしても問題なく認識してくれること。そして何より、従来のように指紋認証センサーを配置する物理的スペースを必要としなくなるということでしょう。

指紋認証を使わないときは通常のディスプレイとして機能するため、モバイル業界でトレンドになりつつあるベゼルレスディスプレイとの相性が抜群です。一時期、「Apple(アップル)の次期iPhoneに搭載か?」なんて噂も流れていましたよね。あと、これなら背面に指紋認証センサーを配置しなくてよくなるので、今まで以上にスッキリとしたデザインが期待できそうです。

しかも、Synapticsは発表で、ベゼルを必要としないOLEDディスプレイの必要性を訴えているんですが、その中では「Infinity Displays(インフィニティディスプレイ)」という言葉を使っているんです。Infinity Displayと言えば、Samsung(サムスン)がGalaxy S8シリーズから搭載した限りなくベゼルレスに近いフルスクリーンディスプレイの呼び名です。

意図的かどうかは定かではありませんが、もしかしてGalaxy S9シリーズのディスプレイにこのClear ID FS9500が搭載されることのヒントなのでしょうか? もしそうだとしたら、ほかの4社はどこなんでしょう? かなり気になります...。

iPhone Xの登場により、2018年はモバイル業界に顔認証技術が普及していくことを予想していたんですが、どうやら指紋認証技術にはまだまだ伸び代があるみたいですね! 今から2018年のモデルが楽しみになってきました。


Image: JMiks / Shutterstock.com
Source: androidcentral, Synaptics

(Doga)