生きた細胞で3Dプリンティングされたタトゥーシール

  • 5,257

  • author 岡本玄介
生きた細胞で3Dプリンティングされたタトゥーシール
Image: MIT News on Campus and Around the World

サイバーパンクなタトゥーシール。

MITのエンジニアたちが、3Dプリントでシール状のタトゥーを作りました。そのインクにはなんと生きたバクテリアが使われ、なんらかの刺激に反応して光るようにプログラミングされています。

Video: Advanced Science News/YouTube

光るタトゥーといわれると、一見クラブやフェスなんかで重宝しそうな気がしますね。でもこの「living tattoo」の場合、たとえば空気中に汚染物質が漂っていたり、温度pH濃度の変化に反応させるタイプのセンサーになっているのです。

まず、いくつかの化合物に反応するようにプログラムされた細胞と、親水性高分子と栄養素を混ぜてインクにします。それを3Dプリンターで何層かに分けた透明のパッチにし、一枚に印刷。トップ画像の場合は木の枝状のデザインですが、各色のインクがプログラムされた反応を起こすと、それらの枝が光るようになるのです。

科学者たちは、将来的には反応する細胞を薬のカプセルなどに応用し、体内でグルコースなどを断続的に供給するような医療目的で使うことも視野に入れているんだとか。

このタトゥーシールは、現在ほかのデザインや色も用意されています。将来的に、乳幼児の体温計代わりになったり、光化学スモッグ警報が流れる前に帰宅をうながす……なーんてこともできるようになるかもしれませんね。

Image: MIT News on Campus and Around the World
Source: Advanced Materials
Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文

岡本玄介

あわせて読みたい