キリスト像のおしりから18世紀の文章が発見される

キリスト像のおしりから18世紀の文章が発見される

18世紀のタイムカプセル。

兄弟姉妹がいる人なら、子どもの時に偶然彼らの隠し物を見つけてしまったことがあるのではないでしょうか。押入れの中やベッドの下、タンスの上、しゃべるヌイグルミの体内の電池ケースの中...「ここに隠すってことはよっぽど恥ずかしいんだな」なんて想像したことがあるはず。

と、隠し方にも性格や秘密の重大さが現れるものですが、先日スペインで見つけられた書物はその隠し場所がかなりユニークでした。それは、イエス・キリストの木像のお尻です。「お尻に隠す」と言われるとなんだか想像が出来ませんが、ただ割れ目に挟まっていたわけではありません。なんとお尻の部分の中が空洞になっており、お尻は取り外しが可能なデザインになっていたとのこと。そこを開いたら中から手書きの書物が登場したというわけです。「頭隠して尻隠さず」と言いますが、頭も尻も隠さずに堂々と尻の中に隠すというのは新しいですね。こちらの動画ではしっかりお尻の中まで見せてくれます。

Video: davincirestauro/YouTube

「なぜこの音楽?」という疑問はさておき、かなり大きい木像の中にしっかりと隠す意図でお尻が作られているのがよく解りますね。このお尻から出た2ページの文章、カトリック教会の牧師によって書かれたもので当時の経済的、政治的、そして文化的な社会の状況が詳細に書かれた非常に有益な記録となっているとのこと。

お尻を発掘して文章を発見したのはマドリードにあるDa Vinci Restauroチーム。「Cristo del Miserere」と呼ばれるこのイエス・キリストの木像はスペインのSotillo de la RiberaにあるSanta Águeda教会のものだそうです。文章は1777年にJoaquín Mínguezという牧師によって署名されており、彼はBurgo de Osma大聖堂に所属していたとのこと。

EFE Agencyの報道によると、歴史学者のEfrén Arroyoは次のようにコメントしています。

像の中が空洞になっていることは普通ですが、その中から手書きの文章が発見されるのは珍しいことです。

文章を書いた牧師は、何百年も保存されることを狙ってこのような場所に隠したのだろうとArroyoは推測しています。そうです、これはイエス・キリストの像を使ったタイムカプセルなんですね。

文章において、牧師は像の製作者であるManuel Balを称賛しており、彼は他にも5つの像を製造したとのこと。また当時の様々なイベントについても記してあり、当時の王であるカルロス3世の名前も出てきます。小麦、ライ麦、大麦、オーツ麦といったその地域で育てられた作物の収穫やワインについても描写されているようです。マラリアや腸チフスと考えられる、当時人々が頻繁にかかっていた病気やカードやボールなどを使った遊びについても文章中に登場します。

研究チームはオリジナルの文章をthe Archbishopric of Burgosのアーカイブへと送り、Joaquín Mínguez牧師の意志を尊重して文章のコピー版が像の中に入れられたとのことです。

しかし取り外し部分は背中でも頭でも良かったように思いますが、お尻にしたというのは「誰もこんなところが外れるとは思わないだろう」と考えたのでしょうか。見事、2017年まで発見されずに保存されたわけなので成功と言えるのでは。

Image: davincirestauro/YouTube
Video: davincirestauro/YouTube
Source: EFE Agency & Da Vinci Restauro via ScienceAlert

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by