ギロチンシーンの秘密も! 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』VFXの裏側

  • author 中川真知子
ギロチンシーンの秘密も! 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』VFXの裏側
Image: Atomic Fiction/Vimeo

大作の裏には人の力。

大人気海賊シリーズ第5弾で、作風が少し変わった『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』。本作も荒唐無稽なアクションが満載で印象深いシーンのオンパレードでしたね。私が個人的に気に入っているのは、始まってすぐのジャック・スパロウの銀行強盗とギロチンのシーン。(『ワイルド・スピード MEGA MAX』の銀行強盗シーンとまんま同じというツッコミも含めて)

あんなハラハラドキドキなシーンはどうやって作られたのか? VFXを担当したAtomic Fictionがその舞台裏を公開していたのでご覧いただきます。

Video: Atomic Fiction/Vimeo

コテコテのVFXシーンですが、一部の建物は実際に作ったみたい。さすがドル箱コンテンツ、お金かかってるなぁ。

ちなみにこのAtomic Fictionというスタジオは、『パイレーツ』シリーズのほかにも『トランスフォーマー』シリーズや『ローグワン』、『ゴースト・イン・ザ・シェル』、『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ブレードランナー2049』などの話題作のVFXを担当し、現在は大作『パシフィック・リム アップライジング』に携わっているとのこと。

このスタジオは2011年創設と社歴は浅いですが、見せ場のVFXを担当することも多く『デッドプール』ではトレイラーに使われていた「お絵かきからのカーチェイス、そして車を横転させて華麗な殺戮」をやったようです。

あ、リークルートページみたらモントリオールのスタジオで結構なポジションが求人かかってる! 我こそは、という方は応募してみてはいかがでしょうか?

Image: Vimeo
Source: Art of VFX, YouTube, Atomic Fiction(1, 2

中川真知子

あわせて読みたい

powered by