2018年の新型iPhone、TSMCが「A12」プロセッサ全部を製造するそうな

  • author 塚本直樹
2018年の新型iPhone、TSMCが「A12」プロセッサ全部を製造するそうな

TSMC、入ってる。

iPhoneに搭載される「Aシリーズ」プロセッサでは、長らくSamsung(サムスン)とTSMCが生産の受注を争ってきました。そしてDigiTimesの報道が正しければ、今年の新型iPhoneに搭載される「A12」プロセッサはTSMCが全量を生産することになりそうです。

今回の報道によれば、A12プロセッサは7nm(ナノメートル)プロセスルールを採用します。これは「iPhone X」に搭載されている「A11」の10nmプロセスよりも微細で、さらなる省電力化や処理性能の向上が見込めそうです。

そして今後もTSMCはプロセスの微細化を進め、2019年には5nmプロセスでのトライアル生産を、そして2020年には3nmプロセスの製造が可能な工場を建設するとのこと。またSamsungも負けじと、今年は7nm、2019年には6nmと5nm、2020年には4nmと微細化を進めるそうです。

ところで、Apple(アップル)とSamsungといえば言わずと知れたライバルメーカー。Appleはこれまでも数多くのSamsung製部品をiPhoneに採用してきましたが、ここ数年にわたってその割合を減らそうと努力してきました。今年投入される6.5インチの新型iPhoneでは、LG製の有機ELディスプレイが一部で搭載されるなんて情報もありますね。

なお、その他にも投入が期待される5.8インチサイズの新型iPhoneでは、Samsung製の有機ELディスプレイが採用される見込みです。プロセッサの次はディスプレイと、Appleによる「脱Samsung」の動きは今後も継続しそうですよ。


image: Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limited

source: DigiTimes via Apple Insider

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ