iPhone Xをデジカメっぽく使えるケース「SNAP! X」

  • author 三浦一紀
iPhone Xをデジカメっぽく使えるケース「SNAP! X」

iPhone Xがデジカメに!

コペックジャパンは、iPhone Xをデジカメ風に使えるようにするケース「bitplay SNAP!X」を発売しました。最大の特徴は、特許取得物理シャッターボタンです。

1024SNAPX-03
Image: コベックジャパン

iPhone Xを横位置に構えたときに、右手人差し指の部分にシャッターボタンがあります。これを押せば写真撮影ができるようになっています。まるでデジカメ!

1024SNAPX-04
Image: コベックジャパン

こちらは反対側。ボリュームボタンなどが押しやすいように配慮されています。iPhoneケースですからね。

1024SNAPX-02
Image: コベックジャパン

iPhone Xのレンズ形状にぴったりフィット。いいですねー。

1024SNAPX-05
Image: コベックジャパン

レンズ部には、別売りの交換レンズ群を取り付け可能。超広角から望遠CPLフィルター付きマクロ魚眼などがそろっています。

1024SNAPX-06
Image: コベックジャパン

カラーはブラック、ホワイト、ネイビー、カーキの4色。グリップ部は取り替え可能となっています。お好きなコーディネートが楽しめます。

本体価格は5,940円プレミアムHDワイドレンズ EF 18mmのセット、およびプレミアムHD望遠レンズのセットは1万8940円、標準ワイドとマクロレンズのセットは8,370円です(すべて税込)。

以前、iPhone 6でこれらのレンズを使ったことがあるのですが、すごく写りがいいんですよ。特にプレミアムHDワイドレンズ EF 18mmは、超広角なのに隅々まで解像していて、四隅の流れも周辺減光もほとんどない、完璧な描写でした。

iPhone Xでもっと本格的な撮影がしたいという方、このケースとレンズのセットはオススメですよ。


Image: コペックジャパン
Source: コペックジャパン


(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by