ビットコインは大丈夫? 中国の採掘に対する規制

  • author scheme_a
ビットコインは大丈夫? 中国の採掘に対する規制

派手に駆け上がったぶん、落ちるのもあっという間。

急な価格の暴落、高額な手数料、ライバルの台頭、そして複数の国で規制機関が動き出したことなど、いまビットコインは悪いニュースで持ち切りです。さらに泣きっ面に蜂と言わんばかりに、先日また1つ大きな出来事がありました。中国がビットコインの採掘企業を排除しようとしているのです。

以下はBloombergからです。

中国政府は今週、ビットコインの採掘-暗号通貨での取引を可能にするプロセス-を止めるための案の概要を発表しました。計画では企業の電力利用を制限し、各地域の政府が企業に「速やかな廃業」を促すよう指示しました。事情に詳しい人々によれば、採掘者達は中国の安価な電気や、地元の電子チップ生産工場、安い人件費などを理由に中国に集まりましたが、こうなっては他を当たるしかないそうです。

採掘とは、ビットコインの取引(ブロック)が検証され、ブロックチェーンの元帳に記載されるプロセスのことです。この検証を行うにはパワフルなコンピューターで複雑な計算を行う必要があり、解くことができれば報酬としてビットコインを貰えるわけです。

当初は個人のラップトップPCでも採掘できましたが、膨大な計算を無休で行えるハードウェアの登場で、ビットコインの誕生から9年の間に、採掘のトレンドは個人から、特化したハードウェア(ASICsと呼ばれる)を電気代の安い国でブン回す企業連合へと変化していきました。これらの企業のニーズを満たしているのは主に中国です。

もうひとつの問題は、ビットコインの仕組みそのものと関係しています。ビットコインが誕生した直後は、ブロック1つを採掘すると50 BTCがもらえました。しかし、2012年の11月に50%ダウンし、2016年の6月にまた半分減ったことで、現在は12.5 BTCとなっており、2020年の6月には6.25 BTCになると予想されています。

更に、ビットコインのもう一つの機能によって問題はより複雑になります。何千台というASICsが軽々とこなしている計算も、2016ブロック毎に難解になっていくのです。

5年前あたりから、個人のビットコイン採掘愛好家にとって、採掘への投資は割に合わなくなりました。採掘に最低限必要な、火事になってもおかしくないパワーのハードウェアを購入、運用するコストが、ブロック1つを計算できる確率と釣り合わなくなってしまったのです。中国が採掘から手を引く以上、プロが使っているハードウェアによって消費される膨大な電力(ビットコインのネットワークだけでデンマーク一国分の電力を消費しているとも言われています)と、どんどん少なくなっていく利益を考えると、これらの企業が運営できるマージンは非常に小さく、このまま行けば消失するでしょう。

そしてビットコインの取引を検証できる採掘者がいなくなれば、「お金の未来」は終わったも同然です。


source: Bloomberg
Photo: Getty Images
Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(scheme_a)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ