まるで手品。コルクを抜かずにワインを注げるスマート・オープナー
Image: Coravin/YouTube

まるで手品。コルクを抜かずにワインを注げるスマート・オープナー

これならいつまで経っても酸化知らずのまま保存できます。

ワインのコルクが上手く抜けず、散々苦労した挙句にコルクのカス入りワインを飲むハメになったり、抜いたら抜いたで「その日のうちに全部飲まなきゃ!」という強迫観念に駆られてしまうこと……皆さんもご経験おありでしょうか。

いずれも人それぞれでしょうけれど、「CES 2018」に出展していたスマート・ワイン・オープナー「Coravin Model Eleven」がワインの世界を一歩ステキなものにしてくれそうです。

まず特筆すべきはコルクを抜かずにワインを注げること。そしてアプリと連携してワインに合うアイテムを選んでくれることです。

Video: Coravin/YouTube

その名の通り、11番目のシリーズだそうな。

「Model Eleven」の上面が緑に光ると注ぐ準備ができた合図。注ぐために必要なのはバッテリーとアルゴンガスが充填されたボトルです。Model Elevenに付いている細い針をコルクに指して、ワインボトル内部にガスを注入することで、傾ければボトル内に注入されたガス圧により、自動でワインが注がれるよう設計されています。ついでにこれを抜くのは、金具を起こして引き抜くだけ。

ユニークなのはスマートフォンにインストールしたアプリ「Coravin Moments App」と連携し、ワインにマッチするあなた好みの食べ物、音楽、映画、本などの“モーメント”を推薦してくれるところ。まず自らがワインを口にした感想やマッチする各項目を自由に書き込むことで、ビッグデータとして情報が蓄積されます。そして別のユーザーのおすすめも参考にして、自分なりのマッチングを心ゆくまで探求できるのです。

反対に自分のモーメントにマッチするワインを探すことも可能です。まずは自宅にある、飲みきっていないワインからオススメが表示されます。家にないワインを探すこともでき、ワインの特徴から尋ねれば地元の酒屋さんからの返信も期待できるのです。ワインを嗜む時は雰囲気も大事ですもんね。心の満足度を高めてくれるのに一役買いそうなアプリです。

またボトルに貼られたラベルを撮影し、ヴァーチャル・ワインセラーとしてコレクションが可能。ワイン名を打ち込むことで、自分が作ったリスト検索も容易になります。

気になるお値段は999ドル(約11万円)。「私の血はワインでできている」と豪語するほどのワイン好きならマスト・バイではないでしょうか?



Image: YouTube
Source: YouTube via CORAVIN

岡本玄介

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ