Cortana対応のスマートサーモスタット「GLAS」、319ドルで3月に予約開始

  • author 塚本直樹
Cortana対応のスマートサーモスタット「GLAS」、319ドルで3月に予約開始
Image: Microsoft / YouTube

カッコイイ…ちょい高いけど。

Microsoft(マイクロソフト)が2017年に公開した、Johnson Controls(ジョンソン・コントロールズ)と共同開発したCortana対応のスマートサーモスタット「GLAS」。室内の温度をあれこれコントロールできるこのデバイスが、2018年3月に319ドル(約3万6000円)で予約を開始すると発表されました。

Video: Microsoft / YouTube

GLASはクールな透過型ディスプレイを本体前面に搭載し、屋内や屋外の空気の状態を監視。そして家の空調設備と連携して温度を調整することができます。もちろんボイスアシスタントのCortanaを利用して、ボイスコマンドによる操作や情報表示が可能です。

さらに動画を見ると、屋内に人がいるかどうかを感知したり、天気を予測したり、Wi-FiやBluetoothで通信することもできるようです。本体にはIoTデバイス用のOS「Windows 10 IoT Core」が搭載され、統合クラウドサービス「Azure Cloud」も利用可能。自宅やオフィスの空調による消費電力を削減しながら、最適な屋内環境を作り出す…とのこと。

GLASの仮予約については、こちらの公式ホームページで情報が公開される予定です。お値段はちょい高めですが、オシャレなお部屋ならかっこよくマッチするんでしょうね。



Image: YouTube
Source: The Verge

(塚本直樹)