『デッドプール2』ハンソロの映画とバッティングしないように公開日変更

  • author 岩田リョウコ
『デッドプール2』ハンソロの映画とバッティングしないように公開日変更
Image: © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

ミュータント映画が続々。

映画会社20世紀フォックスが、自社のミュータント系映画3作の公開日を発表。ちょっと大人の事情で変更があったようです。

The Hollywood Reporterによると、まず映画『デッドプール2』はもともとアメリカでは6月1日の公開でしたが、2週間前倒しで5月18日に変更。というのも、スター・ウォーズのスピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開が5月25日だから。スター・ウォーズ映画の後に公開しても、話題を持って行かれたままになってしまいますからね。人気映画ばかりを持つ20世紀フォックスさん、それぞれの映画をバッティングしないようにうまくずらして日程調整されています。

主演のライアン・レイノルズも新しい公開日をツイートしていますね。

デッドプールファンが早めの公開日に喜んでいる一方、X-MENのシリーズの新作『ニュー・ミュータンツ』(ジョシュ・ブーン監督)は、もともと今年の4月13日公開予定でしたが、2019年2月22日までドーンと伸ばされちゃいました。デッドプール2のアメリカ以外の公開日とバッティングしないようにということです。

10カ月も公開日を伸ばされちゃったX-MEN『ニュー・ミュータンツ』ですが、どうやら20世紀フォックスは、ホラー映画というくくりにしてはあまり怖くないと考えているようで、もしかしたら撮影のし直しや脚本の変更などがこの10カ月で行なわれるのかもしれないですね。

最後に、チャニン・テイタム主演のX-MENシリーズのスピンオフ映画『Gambit(原題)』も2019年2月14日から6月7日に変更されています。大人の事情、たくさんあるようですが観客としては全部早くみたい、ってだけですけどね。



Image: © 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
Source: The Hollywood Reporter, Twitter

Charles Pulliam-Moore - Gizmodo io9[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by