鉛で満たして33kg! 超重量の『マイティー・ソー』ムジョルニア・ハンマー
Image: the Hacksmith/YouTube

鉛で満たして33kg! 超重量の『マイティー・ソー』ムジョルニア・ハンマー

究極の鈍器が完成。

マーベル・ヒーロー『マイティー・ソー』が持つハンマーのムジョルニアは、落としたら地球が滅び、そーっと地面に置くだけでも地球の核に向かってみるみるめり込んでいくほど破壊力がある、ソーにしか扱えない武器。

そもそも地球上にはないウルという超金属で造られているのですが、もしこれを地上で超重量のレプリカを作ったらどうなるか? YouTuberのthe Hacksmithが実験してみました。

溶けた鉛で満たして完成したムジョルニアは33kgにもなり、ゴリマッチョな男性が持つのも一苦労です。

Video: the Hacksmith/YouTube

意外にも大量の鉛を入手するのは簡単ではなく、街中の整備工場から中古のバランサーウェイトを安く調達。それらを溶かして流し込んだのでした。

金属には比重というものがあり、11.35g/cm ³ の鉛よりも19.35g/cm ³ で高価なタングステン、さらには22.6g/cm ³ のオスミウムという元素が存在します。オスミウムをムジョルニアに注ぐと60kgの重さになるのですが、プラチナより高価なオスミウムを使用するとなると、2億4千万円ほどの購入資金が必要になってしまうことから断念。

ということで、普通の人が素材を買って作れるのが、この鉛のハンマーだったのです。33kgでも「どっこいしょ!」って感じですが、もしこれが60kgだったらギックリ腰になっちゃいますね。

ちなみに地上最重量のムジョルアは、YouTuberのBrainfooが鉄と鉛で作った41kgのものだったので、今回のものは地上2番目に重いものとなりました。

おそらく地上最軽量のムジョルニアは、ドローン仕込みで宙を舞うアレかと思われます。


Image: YouTube
Source: YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ