イーロン・マスク「Space Xファルコン・ヘビー・ロケットを2月6日に発射する」
Image: Brendan Smialowski/Gettyimages

イーロン・マスク「Space Xファルコン・ヘビー・ロケットを2月6日に発射する」

ついでにいくつか衛星も積んでいきます。

イーロン・マスク社長ご自慢のTeslaロードスター荷重として積載し、27個の巨大エンジンを持つSpaceXファルコン・ヘビー・ロケット

いよいよ発射予定日が2月6日に決定しました。

ファルコン・ヘビーは2月6日、ケネディ宇宙センター・ビジター・コンプレックスでアポロを飛ばした39Aの発射台から飛ばすつもりでいます。センターの外から簡単に見学できますよ。

かつて1970年代にNASAが作ったサターンVは、ファルコン・ヘビーの2.5倍の荷重を飛ばすことができたのだそうです。とはいえファルコン・ヘビーは今、世界最大のパワーを持ったロケットです。これが成功すれば、人類の火星進出の大きな一歩となるのです。

ちなみにですが、第一段階Merlinエンジン再利用可能となっており、これは70年代の技術力ではできなかったことでもあります。

CNN Moneyによりますと、ロケットにはロードスター以外にもいろいろと積んで飛ぶようです。それらはアラブのアラブサット、イギリスのインマルサット、カリフォルニア州のヴィアサットが作った通信衛星、アメリカ空軍の荷重「STP-2」、それに月を周回する宇宙旅行用の衛星とのことです。

そしてThe Vergeいわく、SpaceXは2013年か2014年にファルコン・ヘビーを発射するつもりでいたようです。ですが数々のテストや発射台の検討、発射後のアレコレや地上に戻る再利用技術などなど、課題が山積みで2018年まで計画が延び延びになっていたとのこと。

ですが火星移住という人類の夢の第一歩が、やっと目の前にきたのです。イーロン・マスクならやってくれそうな気がします。楽しみですね。



Image: Gettyimages
Source: Twitter via CNN Money,The Verge

Tom McKay - Gizmodo US[原文
岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by

    Sponsored