おめでとうございます! エポック社の60周年記念サイトがオープンしました
Image: エポック社

おめでとうございます! エポック社の60周年記念サイトがオープンしました

祝60周年!

野球盤シルバニアファミリーなどで有名なエポック社が、創業60周年を迎えました。おめでとうございます。パチパチパチパチ。

そして、60周年記念サイトがオープンされました。これがなかなか熱いんですよ。

180123Epoc60-02_1024
Image: エポック社

エポック社といえば、やっぱり野球盤ですよね。60周年記念サイトには野球盤誕生秘話が掲載されています。創業者の前田竹虎さんが開発に携わり、家具職人が盤を、こけし職人がピンを製作するこだわりっぷり。当時としては高価だったものの、売れ行きは好調。生産が追いつかないほど売れました。

また、当時大人気だった読売ジャイアンツの長嶋茂雄さんに、面識がない状態でCM出演の交渉のために直談判をし、1960年(昭和35年)に玩具業界初のテレビCMを放映したり、巨人の星をキャラクターに使うにあたり試行錯誤の末に消える魔球を開発したり。前田さんの情熱が注ぎ込まれたおもちゃ、それが野球盤です。

現在も野球盤は人気商品。エポック社の看板商品であることは揺るぎません。

180123Epoc60-03_1024
Image: エポック社

エポック社の主な商品の年表もあります。魚雷戦ゲームは友だちの家でやったなー。カセットビジョンは、僕が初めて買ってもらった家庭用テレビゲーム。まだ実家にありますよ。きこりの与作とか、ベースボールとか、モンスターマンションとかやってましたね。ドットがでかいんですけど、楽しかったなー。ベースボール、ホームランを打つと画面が赤く点滅したりして、派手でしたね。

女の子向けにはシルバニアファミリーがありますが、僕は男兄弟だったので遊んだことがありません。今でも女の子には人気がありますね。息が長い。

サイトを見ていると、絶対「あ、これ知ってる!」「遊んだことある!」というおもちゃが出てくるはず。それだけエポック社のおもちゃは、我々の生活に浸透しているということです。

エポック社の60年という長い歴史が感じられる記念サイトで、思い出話に花を咲かせてみるのもいいかもしれませんね。


Image: エポック社
Source: エポック社

(三浦一紀)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ